飲酒と健康


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酒の主成分:アルコール
「酔う」:アルコールの麻酔作用によって脳が麻痺すること

○イッキ飲みをすると本人の限界量にかかわらず、一度に大量のアルコールが入り、血中アルコール濃度が急激に上昇して脳が麻痺し、呼吸が停止する場合もある。

○長期間にわたる大量飲酒の悪影響
肝障害…肝炎、肝硬変など
消化器系障害…胃炎など
脳障害…大脳の萎縮、意識障害、痴呆など
アルコール依存症:飲酒しないではいられない状態。手足のふるえ、幻覚、妄想、不眠など、正常な社会生活を送れなくなる。本人のみならず、家族に対しても大きな影響を及ぼす。

  • 青少年の飲酒
青少年は、まだ脳や生殖器が発達段階のためアルコールの影響を受けやすい。
→記憶力、判断力、性機能障害の恐れ

  • 女性&妊婦の飲酒
女性は短期間でアルコール依存症になり、肝硬変を起こしやすい。
妊娠中の飲酒は胎児に影響を与え、正常な発育・発達が妨げられる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|