メニュー

言語

その他

更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


JunitのAPI
JunitのAPI(日本語)
基本的には、APIのAssertクラスを使用する。
Eclipseや単体でのJunitの使い方はリンクを参照

JUnitの基本

setUp
メソッド一個
tearDown
の繰り返しで実行される。(順不同で)

Junit 指定した順番で実行する。


ポイント:staticな戻り値Testでメソッド名suite()を作る
public static Test suite(){
	TestSuite suite = new TestSuite(); //決り文句?
	
	//あるテストクラスのメソッドをキューに入れる?場合
	suite.addTest(new テストするクラス("そのメソッド"));
	//例 suite.addTest(new UtilTest("getNO"));

	//あるテストクラスを丸ごとキューに入れる?場合
	suite.addTest(テストするクラス.class);
	//例 suite.addTest(UtilTest.class);

	return suite;
}
addTestで追加する。
実行順は制御できるが、setUpとtearDownはメソッドごとに必ず実行されるようだ

その他のアイディア?ノウハウ?


例外が発生しないようにするテストでは例外はthrowsするのがよい(正常系)
public void test????() throws Exception{
   //正常なテストコード
}

例外発生時のテストは、catchにassertTrue(true)を書くのがよいらしい
public void test?????(){
  try{
    //例外を発生させるコード
    fail();
  }catch(なんとかException e){
    assertTrue(true);
  }
}

繰り返しもforを使わずに手動で書いたほうが良い




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー