メニュー

言語

その他

更新履歴

取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TRUNCATE


注意

この命令は、SQLの規格では実装されていないようです。しかし、Oracleやpostger SQL、MySQLで実装されていることが確認できています。それぞれのデータベースにより実装内容が異なる場合があるかもしれないので、使用する際にはそれぞれの仕様書を読みましょう。

TRUNCATE TABLE 表名

表中のすべての行を削除する。
DELETE文を使用する場合よりも高速に削除することができる。

TABLEの部分は省略できるデータベースと出来ないものがあるため、省略しないほうがいいでしょう。

以下に、データベース別の処理について書きます。間違っている部分は修正してください。

Oracle

  • ロールバックできない。
  • 表削除のトリガーが使えない。
  • 外部キーとなっている親表の場合は削除できない。

postger SQL

  • ロールバックできない。

MySQL

  • ロールバックできない。
  • 表を削除し、再構成している?
  • データやインデックスファイルがこわれても、定義ファイルがあれば復旧できる。(中身は多分無くなる)
  • バージョンによりTABLEが省略できない




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー