漂流世紀フロンティアラーズ FTⅢ 第三章 第二節
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MASTER
   では、各班が行動を開始します。
   まず、ラスク、桜花班。
   コールドスリープセクションへ目指しますが、コールドスリープは船内に固まっておらずばらばらです。
   どのブロックを調べますか?
ラスク
   「バラバラだったんだ・・・うー・・・ん;;」
桜花
   「近いのから適当にー」
MASTER
   じゃあ第一コールドスリープエリアから順番だね。
   では、第一コールドスリープエリアに到着しました。
   かなり冷房が効いており、寒いです。
   以前ラスク達が目覚めた時と同じぐらいの広さの部屋に、およそ500台のコールドスリープ装置があります。
   冷却システムが生きている為か、床はパリパリに凍りついています。
ラスク
   「う・・上着着てくればよかった;」
桜花
   「わーいラスクーここよく滑るよー」
MASTER
   桜花&敏捷チェック^^
ラスク
   「・・・滑って転んでコールドスリープしてる人を砕いたりしないでよ?;」
桜花
   3D6