漂流世紀フロンティアラーズ FTⅢ 第二章 第六節
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

漂流世紀フロンティアラーズ
第二章
~貧困! 絶叫! 鉱石開拓探検隊!~

第六節
~ An SERUFIESS reckless run and the bet of ARESS~

MASTER の発言 :
   いままで回避を担当していたドライ&レオンだったけど、どうやら、いつの間にか、『奴』が『ガンナーシート』に座っています。
   どうやら狙いは&。
   ちなみにガンナーシートは、『フロンティア』のです。
MASTER の発言 :
   もう一つ&&。
   寝ぼけてます&&。
ラスク の発言 :
   ・・は!?
   そっちの奴ですかいっ!?
セイル の発言 :
   ・・・・・・そっちはちょっと^^;
シルフィース:
   『&&&ふぁぁっ&&んーーー?撃つ・・・。』
セイル の発言 :
   シルフィース~T_T
MASTER の発言 :
   フロンティアの鏡面レーザー全砲門が光り、みんなのいる地点へ放たれました。
   ドライは、トリガーを引くまで気がつきませんでした。
セイル の発言 :