アレックス・ブラウニング


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アブラハム高校に通う学生。
修学旅行で乗ることになった飛行機の事故を予知してしまい、「死の筋書き」と戦うことになってしまった。
両親と共に暮らしている。

飛行機事故を爆破したと思われ、FBIに監視されていた。
「死の筋書き」に気づき、戦う決意をする。

クレア・リバースを助けるために電線を掴み、感電。一時は心配停止するも、蘇生した。
一度は死の筋書きを飛び越えるも、後に落下したレンガが頭を直撃、死亡する。

飛行機の席は、予知夢ではトッド・ワグナーの横
死の順番によると、クレア・リバースの幾らか後ろの最後列だった
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|