ecc @Wiki

祭神機ダイヤシロオー・登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


坂城神社


若草明浩

18才、予備校生。高い神力素質を持っており、半ば無理矢理、
坂城神社の神主見習いかつ、祭神機の乗り手にされる。
ややお調子者だが、基本的に常識人(ツッコミ)で、
強い正義感と優しさを心の奥に持つ。
ヤシロオー、ダイヤシロオー、ジングウオーのメインパイロット。


シシ

神代の昔からの、ヤシロオーのサポーター。サポートロボとしての「獅子」が
本来の姿であるが、普段は山犬の姿に化けて生活している。
口が悪くてぶっきらぼうで、直情的で食べ物に弱い。


コマ

神代の昔からの、ヤシロオーのサポーター。サポートロボとしての「狛」が
本来の姿であるが、普段は山犬の姿に化けて生活している。
温厚で物静か、理知的な行動をする。お風呂に入るのが好き。


巫女


平路綾

坂城神社宮司である、平路啓一の娘で、同神社の巫女。
坂城神社が潰れないでいるのは、ひとえに彼女が切り盛りのお陰である。
気立てが良くてしっかり者、家事が得意で行動力に富む美少女だが、
父娘家庭で育ったため、年頃の娘にしては、少々、現実的に過ぎるきらいがある。

和泉桜子

坂城神社の近くに住む女性で、綾のお姉さん的な存在。正体は若手女流作家だが、
綾が忙しい時などには、ちょくちょく巫女として手助けしている。
物腰柔らかで知的、やや控えめで礼儀正しいが、その芯には曲がる事の無い筋が通っており、
時折、優しくも厳しい言葉を放つ事もある大和撫子。長い黒髪が印象的。


藤堂稲穂


若き天才理工学者。骨の髄まで理系だが、スーパーロボットヲタクであるため、
ヤシロオーに惹かれて嘱託研究機関を飛び出し、坂城神社の巫女になってしまった。
常に冷静な態度と事務的な口調をしているが、巨大ロボを初め、興味深い研究対象の
前では、興奮を隠し切れない事もある。巫女装束の上に白衣という、一風変わった格好をしている。
神社本庁から送られてきた5体のミコリオンを、我流で改造した張本人。


関遙香

関西弁を繰る家出少女。行き倒れていた所を、啓一が身元不明のまま、住み込みの巫女として拾う。
腕っ節が強く、活発で行動的、と言うよりも、じっとしていられないと言った方が正しい。
料理は苦手だが、バイトでやったと言うタコ焼、タイヤキ、ヤキソバなどの露店系の食べ物を
作るのは得意で、坂城神社の境内に出店を出し、多少台所事情に貢献している。


デイジー=グリーンヒル

アイルランドからやって来た、坂城神社に下宿する事になった留学生。
金髪碧眼たゆんたゆん。素直で陽気で社交的、歌を歌う事が趣味だが、
寂しがり屋で時々ホームシックに掛かっている。
日本語はカタコトで、坂城神社の巫女のうち、唯一英語が出来る稲穂と良く会話するため、
彼女の日本に対するイメージはどんどん偏っていくのでした。


伊達鈴菜

啓一が知人から預かっていると言う、幼い少女。啓一も、鈴菜自身も多くを語らず、
また、周囲の人間も詮索しないため、長く彼女の正体は不明のまま。
参道で同年代の少年少女と元気に遊び、遙香にたこ焼きをせびったりと
少女らしい振る舞いをしているが、たまに、ふと、大人びた寂しそうな表情を覗かせる事がある。


RS-F01

異神の手によって某国から誘われた、自律学習プログラムを持った少女型アンドロイド。
坂城神社に現われ、明浩たちと数日間生活を共にした彼女は、
四足歩行型先頭兵器MR-12の情報収集モジュール兼、オペレーティングシステムであった。
ヤシロオー達と戦う事になるが、シシとコマによって芽生え始めていた「感情」にアクセスされ、
不完全ながらも、シシやコマと同様の「生きている機械」として生まれ変わる。


白石神社


仁科秀

18才。白名神社宮司の一人息子で、シュライーンの乗り手。
人々を守ると言う自負はあるものの、高慢な性格で、皮肉っぽい物言いをする。
ヤシロオーと明浩をを敵視しており、度々衝突を繰り返していたが、
その敵意を異神に利用されてからは、多少、性格が改善したようである。


枝島巧実

秀にやけになついている、異様に礼儀正しい小学五年生。
白石神社に出入りしているうちに、いつの間にかシュライーンの
バックアップ要員としての居場所を確立。巫女装束を1度着て気に入ってしまい、
白石神社に来る度に着ているが、誰もツッコミを入れないのでそのままである。

異神(ことかみ)


阿留波王

桁外れの力を持つ異神の王。


辺異蛇

またの名を「地を揺らす辺異蛇」。異神三柱の一柱。
大雑把で力押しの強いガサツな性格で、しかも執念深い。
「ジャーラジャッジャッジャッジャァ!」という特徴的な笑い方をする。


我无眞

またの名を「炎を繰る我无眞」。異神三柱の一柱。
強い敵との正面からのぶつかり合いを求め、楽しむタイプの武人的な性格をしている。
それ故に攻撃は強烈で徹底的。容赦のない攻撃で明浩達を苦しめる。
三柱の中では最後まで生き残る。


姿久麻

またの名を「風を紡ぐ姿久麻」。異神三柱の一柱。
他の二人と比べて頭脳プレイを得意としており、マネーゲームから色仕掛けまで使いこなして、
企業を騙して坂城神社にアサミを送り込む、秀を洗脳するなどの策を弄する。
高飛車で人を見下した様な振舞いをするが、洗脳が解けた後の秀との戦いを通した
やりとりの中で人に感化されて『愛』の概念を知っていき、その事に気付いた阿留波王の命で
異神・久素伊によって撃たれる。更に久素伊が秀をも殺そうとした際、最期の力で彼を救って力尽きる。


於鳴我

三柱が倒れた後に現われた最強の異神。
三柱をはるかに凌駕した能力を持つ。

RS-F02(汎用)

RS-F02の同型機。
自律学習プログラムの精度が低くフレキシブル戦闘には
向かないが、単純能力自体は高い。


RS-F03(ザコ)

RS-F01の後継機。自律学習プログラムに理論的安全装置をかけ、
RS-F01に発生した規格外動作が排除されている。
その分、能力的に劣るところがあるモノの、動作は安定した。

敵パイロットですよ。