※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、主にアパートでもマンションでも引けるADSLについて説明します。
(ADSLについては内容が少し古いです。)

※ マンションに既にフレッツ光やひかりoneが引かれていたら、迷わず光を引きましょう!
   マンションタイプなら、ADSLの月額料金と数百円程度しか変わりません。




インターネット回線の選び方

  • 速さと安定を重視か、安い中でも速さ重視か、遅くても安ければ良いか
順に ひかり > ADSL 50M > ADSL 1M~12M がおすすめ。

ADSLを選ぶ場合・・・

  1. NTT局舎からの距離 線路長で2km以内か
    局舎から離れている場合は、どうせ速度が出ないので ADSL12M/1M で妥協するか、予算を上げて FTTH(ひかり)を検討する。
  2. htmlテキストベースの閲覧が多いか、動画などのリッチコンテンツの閲覧が多いか
    リッチコンテンツが多いなら、50M以上のほうが安心かも?
  3. 友達のプロバイダ(IP電話事業会社)がどこか
    ケータイonlyの人は、IP電話をつけておくことをおすすめします。普段あんまり電話しなくても。
  4. 引越しの多さ、住んでいる町の大きさ
    対応エリアの広さは、フレッツ>それ以外
  5. 月々の予算
    T-com=Acca<eAccess<フレッツ の順。だいたい。


  • IP電話付きADSL 12M(タイプ2)の“モデムプレゼント”キャンペーンは、コストパフォーマンスが抜群に良さそう


ADSL回線事業者

  1. NTTフレッツ
  2. Acca
  3. eAccess
  4. T-com

IP電話事業者

  1. KDDI
  2. ソフトバンクテレコム
  3. NTTコミュニケーションズ
  4. NTT-ME
  5. Fusion
  6. ぷらら
  7. ソフトバンクBB

プロバイダ別対応表

プロバイダ名/回線名 Yahoo T-com Acca eAccess フレッツ
@nifty
ASAHIネット
Hi-ho
BIGLOBE
DION
DTI
U-netSURF
OCN
ODN
So-net
plala
wakwak
Nexyz.BB
Yahoo!BB

上り/下り速度一覧

下り(受信) 上り(送信)
50M/48M 5M
24M 1M
12M 1M
8M 1M
1M

プロバイダの選び方

参考までに。
http://isp.oshietekun.net/

開通まで

  1. 申し込む
  2. 回線調査、電話局空きポート確認
  3. 本人確認(身分証明をFAX)
  4. NTT工事日調整
  5. モデム発送
  6. (タイプ2の場合)NTTが家に来て開通テスト
  7. 開通

開通後のトラブル

電話が来ると、インターネット接続が切れる(タイプ1)

  • よくあるのが、6PT保安器問題
    NTT故障受付 113番で、該当(6PT)かどうか遠隔調査して答えてくれます。
    • 例:「電話が来ると、必ずインターネット接続が切れます。この電話の保安器に、6PTが使われていないか教えて下さい。」

→ で、もし該当していて対策品への交換を依頼する場合には、プロバイダーから\10000前後の工事費が徴収される。。糞NTTめ・・・