※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

収穫逓増


投入資源の増加率に対して、産出量の増加率が高くなる
現象の事である。

最近のITやソフトウェア産業で見られる。
ソフトウェアはイニシャルの開発に多大なコストが
かかるが、量産にかかるコストは小さいので、
売れれば売れる程、固定費が小さくなり得られる利益が大きくなる。
  

更新履歴

取得中です。
 
メニュー


-