※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当座比率


流動比率と同じく、短期の負債に対する支払い能力を見る為の指標。
違いは、流動資産に棚卸資産を含まない事。
なので、過大在庫などを排除した形で評価できる。

当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債
  

更新履歴

取得中です。
 
メニュー


-