SF百科図鑑 Gregory Benford "Iceborn"


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2005年12月17日

Gregory Benford "Iceborn"

Paul Andersonの"Saturn Game"と合本になっているペイパーバック。土星ゲームは既に読んでいるので、今回未読のベンフォードのノヴェラを読んだ。

面白かった。ストレートな宇宙SF、地球外生命もの、最初の接触もの。それも、なんと冥王星の生物! ザンドと自称するこの生物、金属の蟹のような姿をしていてロボット的だが、自然発生の生物でおまけに知性がある! その奇抜なようでいてきちんとディテール構築された造型が見事。更に、夜を恐れ、夜には活動をやめて冬眠状態になるザンドに対し、夜の側には別の生物<ナイトサイダー>がいる。米ソ共同の惑星探査プロジェクトの女性隊員が、彼らとの対話に成功する。ところが、地球上のプロジェクト主催者たちは、この知らせを<有権者の人気取りのための捏造>と断じ、政情不安を理由にプロジェクトの一方的打ち切りを通告してきた。しかし、ザンドやナイトサイダーとの接触を果たし、彼らを救う任務に目覚めた女飛行士は、この指示に従わず独力で冥王星生物と共に生きることを決意する。

科学をめぐる政治的軋轢を大幅に取り込んでいるのが、『タイムスケープ』などとも共通するベンフォードらしい点だ。そのおかげでただの宇宙ハードSFに終わらず物語的なひねりが加えられている。

テーマ性  ★★★

奇想性  ★★★

物語性  ★★★

一般性   ★

平均   2.5

文体    ★★★

意外な結末★★

感情移入 ★★★

主観評価 ★★1/2(28/50)


silvering at 01:51