SF百科図鑑 アーサー・C・クラーク『地球幼年期の終わり』創元SF文庫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アーサー・C・クラーク『地球幼年期の終わり』創元SF文庫

(読んだ時期)1980年頃

進化テーマの代表作として、常にSFオールタイムベストの上位に顔を出す古典中の古典。ストーリーは、人類を超える進化段階にある<オーヴァーロード>というエイリアンが地球を訪れ、地球人を代表する外交官たちと交渉をするという単純な話であるが、プロットが単純であるがゆえに<人類は進化の階梯の中途にある未熟な存在に過ぎない>という本書のテーマが非常に明快に伝わり、強烈な読後感をもたらす作品であったように記憶している。人類よりも優れたエイリアンが地球を訪れ、人類の進化を助けるという基本アイデアはその後の多くのSFに取り入れられているが、そのプロトタイプを提供したという意味でも重要な作品だと思う。(2005.12.11)