SF百科図鑑 エレン・ダトロウ『血も心も』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2002年

8/8
ミラーダンス★★★★★
今つづれ織り第5部。
(略)
単語DB化進める。我乍ら語彙の少なさに呆れる。特に日常表現については優先的に覚えないと。今、品詞別のリストを作っているところ。なかなか適当なデータがなくて難しい。
んーと、そうだな、ABC別に元データを分けて、まず先にクラリス化する方がいいんじゃないか? 明日やってみよう。
つづれ織り記念に、「血も心も」読むことにした。これを機会に吸血鬼を極める。

8/15

英次郎のウインドウズ用ソフト「Pディク」の素晴らしさに驚愕。マック用のソフトのていたらくとあまりに違い過ぎる。ほとんど人種差別だ。これを機についにマックを捨てる気になった。もう我慢できない。マックは遊びがなさ過ぎる。恐らくユーザーも開発者も頭の悪いやつが多いのだろう。そうでも思わないと浮かばれない。
帰ってからマック用ソフトをいろいろダウンしてみたが、やはりゴミばかり。シェアウェアの癖に英次郎を開けないやつまである。これなんかもう完全に詐欺だ。こんな屑に3000円も払うかボケ。もうひどい。
結論。ウインドウズマシンを買う。俺もそこまでマゾじゃないぞ。

本を読むのが本当に遅い。最近、つまらない。ダトロウの「血も心も」もくだらなかった。★★。もう本なんかやめて女に走るぞヴォケ、これ以上つまらない本が続くと。カス、ゴミ、氏ね。


8/17
「血も心も」★★
粘着な作品が多くて、結構苦手だった。