SF百科図鑑 リチャード・マッケナ「秘密の遊び場」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8/29
マッケナ「秘密の遊び場」★★★★★
奇想ファンタジー。存在するはずのない鉱物を手に持って死んだ少年の妹とともに、その鉱物の在り処(少年の妹の幻視の真相)を探究するミステリ仕立てのストーリー。真相は、大昔の世界へ入り込んでいたというものだった(と思われるが科学的な説明はなし)。地味だが巧みな語り口でぐいぐい引き込む。結末の素朴なハッピーエンドも素敵。SF味は薄いものの、「語り」に乗せられる醍醐味を満喫できる傑作である。

次の「世界の母」がまた素晴しい! 特殊な兵器で2人以外の人間が消滅した世界におけるサバイバルの話。こんな凄い話が入手困難になっているなんて許せない。

スワンウィック「大潮の道」も読み始めた。