SF百科図鑑 スパイダー・ロビンスン「憂鬱な象」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2000年

11/11

スパイダーロビンスン「憂鬱な象」★★★★★
いやあ、笑った笑った。痛烈な著作権批判の小品。この作者らしく後半の20世紀芸術論の部分が白眉。設定が無理で「いくら何でも」というこじつけぶりが、かえって作者の切羽詰まった(笑)怒りを表していて、楽しい。「無重力ダンス」にさりげなく言及し自作宣伝するあたりも小ネタがきいてて笑った。とても気に入りました。