SF百科図鑑 ヒューゴー賞読み開始宣言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1999年

10/11
これから、80-90年代のヒューゴー賞受賞長編を読む。
古いのもいいけど飽きてきたので、80--90年代の今風のやつが読みたくなってきた。
明日から読みまくる。
1981『雪の女王』ジョーン・ヴィンジ
 1982 『ダウンビロウ・ステーション』C・J・チェリイ
 1983『ファウンデーションの彼方へ』アイザック・アシモフ
 1984 『スタータイド・ライジング』 ディヴィッド・ブリン
 1985『ニューロマンサー』ウィリアム・ギブスン
 1986『エンダーのゲーム』 オースン・スコット・カード
 1987 『死者の代弁者』オースン・スコット・カード
 1988『知性化戦争』 ディビッド・ブリン
 1989『サイティーン』 C・J・チェリイ
 1990『ハイペリオン』ダン・シモンズ
 1991『ヴォル・ゲーム』ロイス・マクマスター・ビジョルド
 1992Barrayar ロイス・マクマスター・ビジョルド
 1993『遠き神々の炎』 ヴァーナー・ヴィンジ
『ドームズディ・ブック』 コニー・ウィリス
 1994Green Mars キム・スタンリー・ロビンスン
 1995Mirror Dance ロイス・マクマスター・ビジョルド
 1996 The Diamond Age ニール・スティーヴンスン
 1997Blue Mars キム・スタンリー・ロビンスン
 1998 Forever Peace ジョー・ホールドマン
 1999To Say Nothing of the Dog コニー・ウィリス
以上の通り、
80年代