SF百科図鑑 ジャック・ヴァンス『竜を駆る種族』ハヤカワ文庫SF


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2000年

7/2
「竜を駆る種族」「長い旅路」読み終える。それぞれ水準作だが、いずれもファンタジー色が強く、あまり思弁性が感じられないのがやや物足りなく感じる。物語としてはよく出来ていると思うんだけど。
今「中継ステーション」に入ったところ。またも「ドラえもん」的展開。机の引き出しがタイムマシンの入り口というのとほとんど同じ発想(笑)。なんか他人のような気がしません。
ところで、「王に対して休戦なし」の入ったヒューゴー賞傑作集1がなくなって困っている。探さないと・・・。「兵士よ問うなかれ」のほうは長編の方を読むという手もあるけど。