SF百科図鑑 シオドア・スタージョン『夢見る宝石』ハヤカワ文庫SF


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

September 06, 2005

シオドア・スタージョン『夢見る宝石』ハヤカワ文庫SF

1950年
宇宙から来た水晶状生物が夢を見て作る邪悪な水晶人と善良な水晶人の戦いに人間が巻き込まれる。カーニバル物ファンタジーという意味ではブラッドベリの何かがやリーミイの沈黙の声と似てる。陰気なキャラがたくさん出てくるのはスタージョンらしい。独特の美しい気持ち悪さはさすが。ストーリーはいまいち平凡で途中退屈するが、まあ水準作。邪悪な水晶人をやっつけた主人公水晶人少年(かなり人間化している)がヒロイン水晶人を生き返らせてハッピーエンド。
テーマ性 ★★
奇想性  ★★★★
物語性  ★★
一般性  ★★
平均   2.5
文体   ★★★
意外な結末★★
感情移入 ★★
主観評価 ★★1/2(26/50)
silvering at 16:17 │Comments(0)読書