SF百科図鑑 ミシェル・ジュリ『不安定な時間』サンリオSF文庫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

September 05, 2005

ミシェル・樹里『不安定な時間』サンリオSF文庫

アポロ賞
これは酷かった。
冒頭に引用があるように、ディックの劣化コピー。『虚空の眼』『ユービック』を更にグダグダにした感じ。時間溶解剤で時間や空間の法則が崩壊し一定時間をループする<不安定時間>にトリップした男(ダニエルという男に他の人物の意識が入り込み混在し互いに話す)が、そこを支配する帝国主義グループと人類の戦争に巻き込まれながら逃げようとあがく話。アイデアは独創的なのに、キャラが駄目、プロットが駄目、内容も単なる冒険ものになっており陳腐、おまけに翻訳も駄目というヘレンケラー状態。とうてい商業レベルに達していない。ごみレベルでした。続編が3編ほど書かれているらしいが、イラネ。
テーマ性  ★★
奇想性   ★★★★
物語性   ─
一般性   ★
平均    1.75
文体    ─
意外な結末 ★★
感情移入力 ★
主観評価  ★1/2(16/50)
silvering at 22:34 │Comments(0)読書