SF百科図鑑 レイ・ブラッドベリ『何かが道をやってくる』創元SF文庫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

August 11, 2005

レイ・ブラッドベリ『何かが道をやってくる』創元SF文庫

ブラッドベリのファンタシー長編
普通。
10月下旬、町にやってきた邪悪なカーニバルの一座と少年二人およびそのうちの一人の父親との戦いを描いた作品で、息をもつかせぬアクションの末、父親が敵をやっつけるという娯楽王道ストーリー。
年を若返らせたり老化させたりする回転木馬という珍妙なガジェットを軸に、電気仕掛けで蘇る人間、脅されて一座に加えられた畸形人たち、気球で飛び回る魔女などの面妖なキャラが目白押しのブラッドベリ節。中年男の若さ、幼少期への憧れや夢といった、ブラッドベリの強迫観念的モチーフがかなりはっきり表現されている。
中高生時代に読んでいたらはまっていたと思うが、さすがにこの年で読むとあまりはまれないかも。
テーマ性  ★★★
奇想性   ★★★★
物語性   ★★★
一般性   ★★
平均    3
文体    ★★★
意外な結末 ★★
感情移入力 ★★★
主観評価 ★★★(30/50)

silvering at 20:11 │Comments(0)読書