SF百科図鑑 Michael Moorcock "The Final Programme"


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

March 06, 2005

Michael Moorcock "The Final Programme"

ジェリー・コーネリアス4部作プリングル100冊より。持ち運びしにくい、でかい、分厚い本から先に片付けることにしました。ムアコックのシリーズものは全部関連性があるらしいのですが、そのうち現代を舞台にしたシリーズがジェリー・コーネリアス4部作。私が持っている本には4作全部が入っていますが、プリングル100冊にはそのうち第1作の「最終プログラム」が選ばれていますのでとりあえずその分だけを読みます。第二~第四部は追って暇なときにでも。
粗筋追記2005.3.7
ちなみに
第二部A Cure For Cancer
第三部The English Assassin
第四部The Condition Of Muzak
またプリングル100冊には他にムアコック作品として、The Dancers At The End Of Timeのシリーズ全体が選ばれていました。これも追って入手予定。

以下、粗筋。いつもどおり誤訳勘弁。

 <コーネリアス4部作>

最終プログラム<コーネリアス四部作・第一部> マイクル・ムアコック

アルフレッド・べスターに

基礎データ
地図上はベトナムとタイの間にあるカンボジア国、時間線上はN時と0時の間に、魔法の都市アンコールはあった。かつて偉大なクメル王の住んだ地。一九世紀、フランスの探検家がジャングルの中に再発見した。その後、フランスの考古学者が発掘作業を行った。質素な生活を営むクメール人末裔の住人たちは、都市について二つの説を持っていた──巨人種族によって建造されたという説と、世界創造の時に、都市自身が自らを建造したという説だ。モーリス・ウィギンは、アンコールについてタイムズ日曜版(六五年一月一〇日号)の記事でこう書いた。「アンコールの市民たちは自らの望んだ未来を得られたのだろうか? とんでもない。もっとも、かれらは順応性があったらしく、現実的にヒンズー教から仏教へ乗り換え、長持ちする建物を建てた。しかし、偉大なクメールの王も今や塵と化している」
ただ長持ちするだけでなく、その時代に存在すべくして建造され、アンコールの巨大な像や塔の上にそびえ立つのがアンコール・ヒルトンだ。質素な生活を営むクメル人の末裔たちによれば、これこそ第二の説の主要な証拠だ。
今は196