トップページ

本棚


両手で1000まで数えられますか?:2進法の話
数値 - 危険物取り扱い注意
100 × 200 =32?:変数のオーバーフローの話
パリティビット
小数の扱いについて
ぽいんた
ぽいんた2
ぽいんた3
ジ・オリジン
ジ・オリジン:補足
かっこつける話
かっこつける話2
文字列のこと
タイミングの話
拡張性の話
取り込む話
staticな話

コンパイルの話1
コンパイルの話2:止まらぬビルド
コンパイルの話3:マシン語に落ちるということ1:メモリの話
コンパイルの話4:マシン語に落ちるということ2:最適化
コンパイルの話5:マシン語に落ちるということ3:変数とスタック
コンパイルの話6:コンパイラはそもそも何をやってくれるのか??
リンクの話
プリプロセッサの話

OS、というもの

オブジェクト指向1
オブジェクト指向:2
オブジェクト指向:3

オブジェクト指向:番外 C言語のソースファイルの話
オブジェクト指向:番外 C言語での「再利用性」と「カプセル化」データ構造とアルゴリズム


抽象的な話

寝込んで布団の中で考えたこと
こんなの、常識??
お仕事プログラミング
ソフトでハードなプログラム
プログラムするということ
お勉強
プログラムを学ぶということの補足
C言語:「学問」と「実務」
統合開発環境
C言語ってポータブルですか?
C言語ってポータブルですか?:2
あなたは、どう読みますか?
ああ勘違い
試してガッテン
低級品
質問をするということ
ポカ
「何もしない」 != 「無駄」
エディタの話
もっと手を抜こう

いまどきの、アセンブラ

VisualStudio2005
VisualStudio2005:2

戦争の防ぎ方、に対する私の考え
身近な差別
改革
地球に優しいなんて大嘘
統計で嘘をつく方法

言葉について
言葉について:2

神が死んだということ
善悪の彼岸から、力への意思を目覚めさせるということ

本を読むということ
本を読むということ:2

絵を描く話
地図
地球儀

オカルトのお話
がんだむさん
RPGソフトウェア
記紀神話の不思議



メニュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発の仕事をしている人でも、そうでない人でも、プログラミングを趣味として行っている人がいます。私もそうだけど。。

仕事でもないのにわざわざ勉強して、楽しいか、と言われると、これが楽しい。

プログラムって、動くんですよね。当たり前なんですが。自分が作ったものが、動く。工作の延長としての、楽しさがあると思います。

また、同じ動きを実現するにも、実にいろいろな方法があります。それがパズルを解くようで、わりと熱中してしまいます。
悩んだ末に問題が解決して、見事目的の動作を達成したときの快感は、ちょっと他では味わえないかもしれません。

しかも、比較的安価な趣味でもありますし(笑)BCCやGCCなんてただで手に入っちゃう。

普段何気なく使っているWindowsのプログラムなんかも、プログラミングの勉強をしてみるとどうやって機能を実現しているかがわかってくるのも、楽しく思います。

また、COMポート(RS-232C)などを使えば、簡単なモータ制御なども行えます(モータその他の部品買ってきて、半田付けとかする必要があるけど。それでも何百円の投資。もちろん、頑張れば簡単じゃないモータ制御や通信も出来ます(笑))。

作ったものが動くのを見える。動くのを見ながら、それをさらに改造していける。
趣味でやる分には、デバッグもそんなに目くじら立てる必要もないし(笑)

身に着けるコツ、というのはやっぱり「楽しむ」ことだと思います。これは、きっと何をするにしても。



余談ですが昔は、コンパイラはかなり高価でした。当時はマシン語、アセンブラ、Basicあたりが個人でできるプログラミング環境でした。すがやみつる氏の「こんにちはマイコン」から入った世代ですとも。ええ。
本格的にプログラミングの勉強を始めたのは、1年半くらい前からですけどね。必要に、かられてしまったのもあるから。。


さらに余談ですが、昔は、今みたいにWindowsパソコン買ってきたらすぐにワープロは出来る表計算は出来るインターネットにつながってWEBもメールも見ることができるなんて環境は考えられませんでした。

そのせいか、PC-VANやnifty-serveなどでさまざまなフリーウエアが公開され、それらを使うことでパソコンを便利にしていく楽しみもありました。

今でもVectorなんか見に行くとさまざまなフリーウエアがありますが、あまり「必要」だったり、便利ではあっても「すごく便利」までは感じなかったり。。(もちろん、「すごく便利」なフリーウエアもあります。でも、「定番」といわれるソフトしかなく、選択の余地がなかったりしてしまっています)

それはきっと、OSを始め、Windows環境でプリインストールされている商用ソフトウエアが痒いところにまで手が届くようなさまざまな機能を盛り込んできたおかげだとは言えるのですが、その分「余地」が無い気がするんですよね。。重いし。


どうもWindowsになって、マシンの性能も上がってやれることが増えたはずなんですが、性能が上がったことや商用ソフトがさまざまな機能を盛り込んだことによって「この機能が欲しいから作ろう」という気になりにくい環境になっている気がします。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー