トップページ

本棚


両手で1000まで数えられますか?:2進法の話
数値 - 危険物取り扱い注意
100 × 200 =32?:変数のオーバーフローの話
パリティビット
小数の扱いについて
ぽいんた
ぽいんた2
ぽいんた3
ジ・オリジン
ジ・オリジン:補足
かっこつける話
かっこつける話2
文字列のこと
タイミングの話
拡張性の話
取り込む話
staticな話

コンパイルの話1
コンパイルの話2:止まらぬビルド
コンパイルの話3:マシン語に落ちるということ1:メモリの話
コンパイルの話4:マシン語に落ちるということ2:最適化
コンパイルの話5:マシン語に落ちるということ3:変数とスタック
コンパイルの話6:コンパイラはそもそも何をやってくれるのか??
リンクの話
プリプロセッサの話

OS、というもの

オブジェクト指向1
オブジェクト指向:2
オブジェクト指向:3

オブジェクト指向:番外 C言語のソースファイルの話
オブジェクト指向:番外 C言語での「再利用性」と「カプセル化」データ構造とアルゴリズム


抽象的な話

寝込んで布団の中で考えたこと
こんなの、常識??
お仕事プログラミング
ソフトでハードなプログラム
プログラムするということ
お勉強
プログラムを学ぶということの補足
C言語:「学問」と「実務」
統合開発環境
C言語ってポータブルですか?
C言語ってポータブルですか?:2
あなたは、どう読みますか?
ああ勘違い
試してガッテン
低級品
質問をするということ
ポカ
「何もしない」 != 「無駄」
エディタの話
もっと手を抜こう

いまどきの、アセンブラ

VisualStudio2005
VisualStudio2005:2

戦争の防ぎ方、に対する私の考え
身近な差別
改革
地球に優しいなんて大嘘
統計で嘘をつく方法

言葉について
言葉について:2

神が死んだということ
善悪の彼岸から、力への意思を目覚めさせるということ

本を読むということ
本を読むということ:2

絵を描く話
地図
地球儀

オカルトのお話
がんだむさん
RPGソフトウェア
記紀神話の不思議



メニュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私が小学生のころ(もう何年前か、何年生のときかも思い出せないけど)、新学期に教科書と一緒に地図帳をもらいました。

最初は、地図を見ているだけでわくわくしました。地図帳は最初に日本の詳細な地図、後半に世界の各地の地図、そして最後の見開きに全体の世界地図が載っていました。

私はまず、自分の住んでいるあたりの地図、そしてそこが日本のどのあたりか、最後にそれが世界全体のどこらあたりかを、確認しました。
順に追っていくことで、世界、というものがいかに広いのか、目も眩むような思いでした。

想像もできないくらい、世界は広いと思ったのを覚えています。

地理は苦手で、産業がどうだとか工場ベルトがなんだとか、そういうのはてんで苦手だったのですが、地図を眺めるのは大好きでした。


そのうち、私は地図に私だけの世界を書き加えるようになりました。

今の地図帳はわからないですが、私が小学生のころの地図帳は印刷が安かったのか消しゴムでこすると印刷を消すことができたのです。

最初は、自分の住んでいる近所に、デパートや遊園地など(なにせ小学生ですから)、近くにあったら楽しいだろうと思ったものを書き加えました。変に気合の入った絵とか、つけて。

そのうち、現実にあるものだけでは飽き足らなくなって、ゲームやファンタジーの世界にあるような様々な地名や絵を加えて行きました。


気がつくと、私の地図帳は現実の世界とはまったく異なる地図帳になっていました。私の中にある、私の中にしかない世界の、地図。


数年(十数年?)たって、ある漫画の中で、同じようなことをテーマにしたお話に出会いました。

びっくりしました。私と、同じことを考える人がいた。

嬉しく、懐かしく思いました。



「『そんな所あるもんか』
って言うたびに
国はひとつずつ
消えちまうんだ」


私は、大人になってその地図帳をあらゆる意味でなくしてしまったことに、悲しくなりました。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー