トップページ

本棚


両手で1000まで数えられますか?:2進法の話
数値 - 危険物取り扱い注意
100 × 200 =32?:変数のオーバーフローの話
パリティビット
小数の扱いについて
ぽいんた
ぽいんた2
ぽいんた3
ジ・オリジン
ジ・オリジン:補足
かっこつける話
かっこつける話2
文字列のこと
タイミングの話
拡張性の話
取り込む話
staticな話

コンパイルの話1
コンパイルの話2:止まらぬビルド
コンパイルの話3:マシン語に落ちるということ1:メモリの話
コンパイルの話4:マシン語に落ちるということ2:最適化
コンパイルの話5:マシン語に落ちるということ3:変数とスタック
コンパイルの話6:コンパイラはそもそも何をやってくれるのか??
リンクの話
プリプロセッサの話

OS、というもの

オブジェクト指向1
オブジェクト指向:2
オブジェクト指向:3

オブジェクト指向:番外 C言語のソースファイルの話
オブジェクト指向:番外 C言語での「再利用性」と「カプセル化」データ構造とアルゴリズム


抽象的な話

寝込んで布団の中で考えたこと
こんなの、常識??
お仕事プログラミング
ソフトでハードなプログラム
プログラムするということ
お勉強
プログラムを学ぶということの補足
C言語:「学問」と「実務」
統合開発環境
C言語ってポータブルですか?
C言語ってポータブルですか?:2
あなたは、どう読みますか?
ああ勘違い
試してガッテン
低級品
質問をするということ
ポカ
「何もしない」 != 「無駄」
エディタの話
もっと手を抜こう

いまどきの、アセンブラ

VisualStudio2005
VisualStudio2005:2

戦争の防ぎ方、に対する私の考え
身近な差別
改革
地球に優しいなんて大嘘
統計で嘘をつく方法

言葉について
言葉について:2

神が死んだということ
善悪の彼岸から、力への意思を目覚めさせるということ

本を読むということ
本を読むということ:2

絵を描く話
地図
地球儀

オカルトのお話
がんだむさん
RPGソフトウェア
記紀神話の不思議



メニュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C言語の売りというか、よく言われているうたい文句のひとつに、「移植性が高い」というのがある。

嘘っぱちである。

C言語なんてアセンブラが皮をかぶったようなもので、その気になれば(ならなくても)とてつもなく環境に依存したプログラムが出来上がる。

移植性が高いのは、モジュールである。正しく言い直せば、「その気になってやれば移植性の高いモジュールを作ることができる」というのがいいだろうか。

特に下回りのプログラムなどは、I/Oなどターゲットによって異なるし、そうでなくても例えばビッグエンディアンのCPUとリトルエンディアンのCPUではバイトオーダーが異なるわけで、バイト単位でしかデータを扱わないならともかく、そうでないならそれだけでたちまち移植性の悪いソースコードが出来上がる。

また、ターゲットにもよるけど下回りの環境って「標準入出力」がない場合もある。OSがない環境だと、「ファイル入出力」もしかり。

fopenとかのファイル操作系の関数やらputsとかの文字出力だって、あれはUNIXのOSファンクションコールがその出生じゃんか。その時点でもう「移植性が高い」なんて寝言言えないよなあ。

あるデバイスに何らかのデータを書き出すにはそのデバイスに依存したコードを書かなくてはいけないことなんてしょっちゅうで、とてもじゃないけど「移植性が高い」なんて言えない。

では、どうするか。

いちいち、新しいものを造るたびに同じ処理をその環境に合わせて作り直すのは、はなはだばかばかしい。

そこで、入出力など環境に依存する処理に対して、基本的なシーケンスを一枚ラップ(wrap)するのである。本筋の処理からはそのラッパー関数をコールするようにする。そうすることによってラッパ内で環境や機種の差異を吸収することができる。

また、それらをライブラリ化していけば、次回同じような処理を作り直す必要もない。処理の流れも追いやすくなり、ソースコードの可読性も増すだろうし。


この辺の苦労ってWindowsだけとかでプログラミングしてる人には、わかり難いのかなあ。CreateWindowとか、そのままバリバリ呼び出す関数じゃないと思うんだけどなあ。しばらくは、Windowsの天下が続くんだろうけど。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー