トップページ

本棚


両手で1000まで数えられますか?:2進法の話
数値 - 危険物取り扱い注意
100 × 200 =32?:変数のオーバーフローの話
パリティビット
小数の扱いについて
ぽいんた
ぽいんた2
ぽいんた3
ジ・オリジン
ジ・オリジン:補足
かっこつける話
かっこつける話2
文字列のこと
タイミングの話
拡張性の話
取り込む話
staticな話

コンパイルの話1
コンパイルの話2:止まらぬビルド
コンパイルの話3:マシン語に落ちるということ1:メモリの話
コンパイルの話4:マシン語に落ちるということ2:最適化
コンパイルの話5:マシン語に落ちるということ3:変数とスタック
コンパイルの話6:コンパイラはそもそも何をやってくれるのか??
リンクの話
プリプロセッサの話

OS、というもの

オブジェクト指向1
オブジェクト指向:2
オブジェクト指向:3

オブジェクト指向:番外 C言語のソースファイルの話
オブジェクト指向:番外 C言語での「再利用性」と「カプセル化」データ構造とアルゴリズム


抽象的な話

寝込んで布団の中で考えたこと
こんなの、常識??
お仕事プログラミング
ソフトでハードなプログラム
プログラムするということ
お勉強
プログラムを学ぶということの補足
C言語:「学問」と「実務」
統合開発環境
C言語ってポータブルですか?
C言語ってポータブルですか?:2
あなたは、どう読みますか?
ああ勘違い
試してガッテン
低級品
質問をするということ
ポカ
「何もしない」 != 「無駄」
エディタの話
もっと手を抜こう

いまどきの、アセンブラ

VisualStudio2005
VisualStudio2005:2

戦争の防ぎ方、に対する私の考え
身近な差別
改革
地球に優しいなんて大嘘
統計で嘘をつく方法

言葉について
言葉について:2

神が死んだということ
善悪の彼岸から、力への意思を目覚めさせるということ

本を読むということ
本を読むということ:2

絵を描く話
地図
地球儀

オカルトのお話
がんだむさん
RPGソフトウェア
記紀神話の不思議



メニュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RPGっていうゲームありますよね??ドラゴンクエストとか、ファイナルファンタジーとか。

ああいうゲームの上手いなあと思うところは、最初は基本的なコマンド(「たたかう」とか「アイテム」)しか使えなくて、ゲームが進むごとにだんだんいろんなことができたり装備やアイテムが増えたりする。

成長の喜びなんて方向でも結構いろいろ論じられそう(あるいは論じられていそう)だけど、ここで言いたいのはちょっと違うお話。


いきなり、たくさんのアイテム、何をするのか良くわからない呪文が最初から使えたり、FFに見られるように個性的過ぎるシステムにさらされたら、きっとそのゲームをやる人ってかなり少なくなってしまう。だから、こういったゲームでは最初は本当に単純な操作から入って、だんだんとその独自のシステムや豊富な呪文・アイテムが使えるようになる。


・・・これって、フツーのソフトウェアに活かせないかな??


つまり、WordとかExcelとかといったソフトウェアで、最初はホントに基本的な操作しかできない。Wordなんかだとメモ帳レベル(さすがに不便?ならWordPad)。

んで、使用頻度(経験値に相当?)とか特定の使用した項目(メモ帳でも、フォントの設定とかはできる。ゲームならスキルとかかな?)によって、機能を開放していく。
また、項目にもカテゴリを決めておき、例えば書式周りを触ることが多い人ならそのあたりから機能制限をはずしていく。

新規インストールする度にこれをするのは面倒なので、もちろんその時点での設定データをユーザ毎にもち、exportする機能はつける(ゲームならセーブってところ?)。職場などのPCでも、必要な機能までを解放した状態のデータがあれば支障は無いはず。

機能が開放されるつど、次回起動時(作業中に出るのはうざそうなので。その時は次回起動までステータスバーにでも表示するか?)にpopupを出し、新しい機能の説明を表示する(レベルアップ、かな?)。こんな感じのシステムを実現したら、高機能なアプリケーションでもだいぶ取っ付きが良くなると思う。

ソフトウェア的な実装もそう難しくはないし(しいて言えばどの程度使用したらどれだけ機能を開放するかといったバランスが難しいが)、よく使う機能に特化したメニュー構成になるので使い勝手も向上するはず。個別の機能をDLL化して、開放されてない機能はそもそも読み込まないようにしたら、だいぶ動作も軽くなりそう。。


かつ、ユーザーの同意を得た上でその仕様傾向をフィードバックしてもらえるようにすれば不必要な機能を減らしてより使用頻度の高い機能をさらに高機能に、といった開発ができるようになる。
Wordとかのメニュー見てても、あるでしょう?「こんなのどれだけの人が使ってるんだよ」機能。


いかがでしょう??




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー