悲鳴

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ああ まただ





あの悲鳴 あの叫び









ああ まただ





また幻聴が聞こえる











小さな 小さな窓から



見え隠れする黒猫が





じっと私を見据えてる そんな気がして










ああ まただ






また聞こえる




あの囁き あの声









ああ まただ





忘れられない あの恐怖が













まだ私は あいつの鳥籠の中――
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|