※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 “・・・銀”



 『――――神子様・・・?』



嗚呼、あの方が泣いている。・・・神子様が―――泣いている。


 『・・・何故、泣いていらっしゃるのですか・・・?』


艶やかで色鮮やかな髪に・・・透明なる翡翠。その双眸から清らか過ぎる暖かな雫を貴女は何故、惜しげもなく溢れさせるのか。


 “っ銀・・・”


聞こえる。あの方の・・・哀しみに暮れた声音。それは・・・私がいなくなったから―――そう考えても・・いいのでしょうか。


 『――――神子、様・・・』


私は逃げません。私が貴女を苦しめる元凶の一つだとしても、私が貴女を泣かせてしまっている事もまた・・・事実だから。


 “銀・・どうして・・・”


私が最後に見た先ほどの光景が、瞼に焼きつく。私の出した条件を呑んではくれなかった・・・我が主。


やはり 私は



 「――――まだ死ぬわけには いきません」



そして私はまた・・・立ち上がる。


 “銀・・・”


あの方の声が聞こえる。・・・お願いです、どうか泣かないで。私は・・・貴女を愛しております。願ってはいけないという事も承知の上です。―――けれど



 「・・・それでも 私は」



私は――――貴女を愛しています。愛さずにはいられない。



そして私は走り出す。哀しみに泣き暮れたとどかない扉まで。清らかなそれにこの手が・・・届くようにと祈りつつ。


扉を開く10のお題より
3,とどかない扉まで


あとがきという名の言い訳。

・・・これ、誰ですか・・?(爆)し、銀さんのイメージが・・音をたてて崩れていっている気が・・・(汗)