※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 『なんの―――つもり?』


そう問うたもう一人の“私”。それは 思わずその戸惑いを、そのまま声音に滲ませた。
…まさか、私が私自身の身体を傷つけようなどと 思いもしなかったのだろうから。



 「貴女には、ここで私と消えてもらう」



そう言って 私は私に刃を向ける。…これ以上、皆を傷つけないように。もうこれ以
上―――あの人を傷つけないように。



 「望美!!」



 「望美さん!!」



皆は この扉の外にいる。あの人も この扉の外にいる。…こっちに 来ようとしてくれ
る。



私は、それで十分だよ。



それを想うだけで…私は―――




 「っ扉を開けて!!」




皆の声が 聞こえる。あの人の…声が。





 「さようなら…」





…ごめん ね





私は行くよ。皆とは…貴方とは違う、ただひたすら遠くへと。私がいる限り、皆を危険に
晒すから。




私がいる間は…決して、この扉は開かない。開かせは しないから




 「――――神子、」





守るよ




私が愛した…人達を。



『扉を開く10のお題』より
―5,決して開かれぬよう―


あとがきという名の言い訳。

お友達からいただいた 素敵お題。でもだいぶ前に書いた代物なので 微妙ですよね(涙)一応迷宮の神子様視点です♪