※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼く染み渡る―――天の断片。今になって思い出されるのが、何故 貴女の涙なのか…



   『蒼天』



静かな水面を 一心に眺め、私はそう…貴女が来るのを待っていた。


 「敦盛さん」


鈴の転がるような声音。ふと