bayashidayo @Wiki ns trace wireless

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ns2 無線シミュレーションのトレースファイルフォーマット


とりあえず実際にデータを通信してるtcpパケットについての見方~
実物はこんな~
s 7.757808830 _2_ MAC --- 326 tcp 2092 [13a 5 1 800] ------- [0:1 4194306:2 29 4194306] [79 0] 0 0~
~
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
A s 8.970510829 _2_ MAC --- 466 tcp 2092 ------- [111 0] 0 0
A r 8.987247023 _6_ MAC --- 466 tcp 2040 ------- [111 0] 1 0
B s 8.993276606 _2_ MAC --- 471 tcp 1592 ------- [105 0] 0 0
B r 9.006012773 _5_ MAC --- 471 tcp 1540 ------- [105 0] 1 0
B s 9.012262456 _2_ MAC --- 474 tcp 1592 ------- [106 0] 0 0

0:tcpコネクション種類、説明のために追加、実際には出力されないもの~
1:イベントID~
2:イベント発生時間~
3:この無線トレースに関わるノード番号~
4:通信に利用したレイヤー~
5:?~
6:このシミュレーションで発生した無線パケットの番号(順番)~
7:トラフィックの種類~
8:サイズ~
9:送信予測時間(16進)、受信先MAC-ID、送信元MAC-ID、パケットの種類~
10:さぁ?~
11:送信元アドレス:ポート番号、受信先アドレス:ポート番号、TTL、次hop先~
12:それぞれのtcpコネクションで発生した無線tcpパケットの番号(フローIDかな)~
13:ホップ数~
14:常に0っぽい~