bayashidayo @Wiki ns trace wired

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ns2 有線シミュレーションのトレースファイルフォーマット


出力例:~
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
1 0 1 cbr 210 ------- 0 0.0 1.0 0 0
1 0 1 cbr 210 ------- 0 0.0 1.0 0 0
1.002336 0 1 cbr 210 ------- 0 0.0 1.0 0 0
1.00375 0 1 cbr 210 ------- 0 0.0 1.0 1 1


1.イベントID …… +が入力、-が出力、rが受け取り確認、dがDrop ~
2.イベント開始時間 ~
3.現在のノード番号 …… パケットが現在いるノードの番号 ~
4.次のノード番号 …… パケットが次に向かうノードの番号 ~
5.パケットの種類 …… TCP,UDP,ACKなど ~
6.パケットサイズ ~
7.フラッグメント …… パケットの状態を表す ~
8.フローID …… どの拠点間を流れるパケットなのかを表す ~
9.送信元ノード番号 …… パケットを生成したノード番号 ~
10.宛先ノード番号 …… パケットを最終的に受け取るノード番号 ~
11.ソース番号 …… 各ノードにおいて、何番目に生成されたパケットかを表す~
12.パケットID …… 全ノードにおいて、何番目に生成されたパケットかを表す~