bayashidayo @Wiki indep-utils

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

indep-utilsの中身たち(一部)


/indep-utils/cmu-scen-gen/cbrgen.tcl


コネクションパターンファイルを作成するのに利用できる

使い方
ns cbrgen.tcl -type cbr -nn 2 -seed 1.0 -mc 1 -rate 0.1

-type:プロトコルタイプ(cbrかtcp)
-nn  :ノード数
-seed:乱数のキー
-mc  :コネクション数
-rate:レート(1秒間の)

上の実行結果
# nodes: 8, max conn: 1, send rate: 10.0, seed: 1.0
# 1 connecting to 2 at time 2.5568388786897245
#
set udp_(0) [new Agent/UDP]               :UDPエージェント作成(送信側)
$ns_ attach-agent $node_(1) $udp_(0)      :ノードにバインド
set null_(0) [new Agent/Null]             :UDPエージェント作成(受信側)
$ns_ attach-agent $node_(2) $null_(0)     :ノードにバインド
set cbr_(0) [new Application/Traffic/CBR] :CBRエージェント作成
$cbr_(0) set packetSize_ 512              :パケットサイズ(デフォルト)
$cbr_(0) set interval_ 10.0               :送信間隔
$cbr_(0) set random_ 1                    :?
$cbr_(0) set maxpkts_ 10000               :?
$cbr_(0) attach-agent $udp_(0)            :UDPとバインド
$ns_ connect $udp_(0) $null_(0)           :コネクションの作成
$ns_ at 2.5568388786897245 "$cbr_(0) start"
#
#Total sources/connections: 1/1
#

/indep-utils/cmu-scen-gen/setdest/setdest


ランダムウェイポイントベースのノード移動ファイルを作成するのに利用する

使い方
setdest -v 1 -n 10 -p 2 -M 30 -t 50 -x 300 -y 300

-p  :待機時間
-M  :最大移動速度
-t  :時間
-x  :横
-y  :縦
実行結果につては、僕のシミュレーションでは使わないから知らない。