Oracle Instant Client

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 任意の場所に解凍する
C:\Program Files\oracle\instantclient_10_2
  • システム環境変数を設定する
PATH: C:\Program Files\oracle\instantclient_10_2
NLS_LANG: JAPANESE_JAPAN.JA16SJIS
TNS_ADMIN: C:\Program Files\oracle\instantclient_10_2
  • tnsnames.ora を作成する
    • C:\Program Files\oracle\instantclient_10_2\tnsnames.ora に以下の通り記述する
TEST01 =
(DESCRIPTION =
  (ADDRESS_LIST =
  (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 192.168.0.20)(PORT = 1521)))
  (CONNECT_DATA =(SERVICE_NAME = TEST01))
 )

  • ODBC Supplement をインストールする
    • Instant Client Basic と同じ場所に解凍する。
    • odbc_install.exe を実行する。

  • ODBC設定
    • [管理ツール] > [データソース(ODBC)] > [System DSN] > [Add] > [Oracle in instantclient10_2]
Data Source Name: PP01
TNS Service Name: PP01
User ID: samph101
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|