DB2

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

備忘録

  • DBに接続しようとすると、SQL30061Nエラーが発生し、エラーメッセージのデータベース名の後ろにスペースが表示される場合、接続しようとしているデータベース名がインスタンスに存在しない。

  • create table でテーブル名と「(」の間にスペースを入れるとエラーになる。

コマンド

# su - db2inst1
$ db2level 
$ db2start --起動
$ db2stop  --停止
$ db2sampl -k --サンプルデータベース作成
$ db2 connect to sample --データベースに接続
$ db2 list tables --テーブル一覧を表示する
$ db2 “select * from staff“ --SQL実行
$ db2 terminate --接続を解除する
db2 => describe table test
db2 => list tablespaces
db2 => list tablespace containers for 3
db2 => list tablespaces show detail
  • import/export
$ less in.dat
"aaaaa","bbbbb"
"ccccc","bbbbb"
$ db2
db2 => connect to sample
db2 => IMPORT FROM test.dat of DEL COMMITCOUNT 1 INSERT INTO test
db2 => EXPORT TO out.dat of DEL SELECT col1, col2 FROM test
db2 => import from /dev/null of del replace into test
  • db2pdでのロック待ち確認
db2pd -db sample -locks
db2pd -transaction -db sample
db2pd -db sample -app
db2pd -agents
  • スナップショット取得
db2 get snapshot for locks on sample 
  • 表をappendonモードに変更する
alter table test append on
  • カーソルを使う
DECLARE C1 CURSOR FOR SELECT COL1 FROM TEST
OPEN C1
FETCH C1 FOR 1 ROW
  • db2
db2 -t
db2 +c
db2 -x

インストール

$ tar xfvzp db2exc_LNX_x86.tar.gz
$ su -
# startx
# LANG=ja_JP.eucJP ./db2setup ← GUIのウイザードに従ってインストールする
# less db2setup.his ← インストールログを確認する
インストールする製品:                      IBM DB2 Universal Database Express Edition
インストール・タイプ:                      カスタム
すでにインストールされているコンポーネント:
選択するコンポーネント:
    製品メッセージ - en_US.iso88591
    基本クライアント・サポート
    DB2 LDAP サポート
    製品メッセージ - ja_JP.sjis
    製品メッセージ - ja_JP.utf8
    コード・ページ変換表 - Unicode サポート
    コード・ページ変換表
    ICU ユーティリティー
    Java ヘルプ (HTML) - en_US.iso88591
    製品メッセージ - ja_JP.eucJP
    レプリケーション
    SQL プロシージャー
    コントロール・センター・ヘルプ (HTML) - en_US.iso88591
    基本アプリケーション開発ツール
    ADT サンプル・プログラム
    Java 共通ファイル
    デベロップメント・センター
    ファースト・ステップ
    DB2 インスタンス・セットアップ・ウィザード
    Java ヘルプ (HTML) - ja_JP.eucJP
    Java サポート
    構成アシスタント
    ランタイム環境
    通信サポート - TCP/IP
    管理サーバー
    基本 DB2 UDB サポート
    サンプル・データベース・ソース
    DB2 UDB Express 用製品シグニチャー
    コントロール・センター
    コントロール・センター・ヘルプ (HTML) - ja_JP.eucJP
    Java(TM) Development Kit (JDK)
言語:
        言語:                              EN
        言語:                              JP
ターゲット・ディレクトリー :               /opt/IBM/db2/V8.1

必要なスペース:                            517 MB

新規インスタンス:
    インスタンス名:                        db2inst1
        認証:                              SERVER
        リブート時にインスタンスを開始する:   Yes
        TCP/IP の構成:
            サービス名:                    db2c_db2inst1
            ポート番号:                    50000
        インスタンス・ユーザー情報:
            ユーザー名:                    db2inst1
            グループ名:                    db2grp1
            ホーム・ディレクトリー:        /home/db2inst1
        fenced ユーザー情報:
            ユーザー名:                    db2fenc1
            グループ名:                    db2fgrp1
            ホーム・ディレクトリー:        /home/db2fenc1

DB2 Administration server:
    インスタンス・ユーザー情報:
        ユーザー名:                        dasusr1
        グループ名:                        dasadm1
        ホーム・ディレクトリー:            /home/dasusr1


DB2 ツール・カタログ:
    名前:                                  TOOLSDB
    スキーマ:                              SYSTOOLS
    インスタンス:                          db2inst1
    ロケーション:                          ローカル


連絡先指定:
    新規連絡先:
        名前:                              db2inst1
        インスタンス:                      db2inst1
        E メール・アドレス:                db2inst1@localhost.localdomain
        ページャー用 E メール・アドレス:   No

参考URL

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|