|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アトピーは皮膚で起こるアレルギー反応です。
アレルギーとは、体の中に異物が侵入した時に起きる過敏な反応のことで、免疫系統の故障ともいえます。

まず、体内にアレルゲン(花粉などの異物)が入ったことを察知した人間のリンパ組織が、タンパク質の一種であるIgE抗体を生み出します。 これが体内に入ったアレルゲンを捕まえると、ヒスタミンという科学伝達物質を放出し、このヒスタミンが体の各部所に回ってアレルギー症状を引き起こしてしまいます。

花粉症の場合、花粉なんて本当は体に悪い訳じゃないんだけど、それを悪性のウィルスのようにカラダが反応しちゃうんですよ。
杉花粉の方を持つ訳じゃないですが、杉花粉が悪者というわけじゃないです。

 一般的には幼児の頃に発症して、年齢とともに軽くなっていく場合が多いようです。 5才くらいまでのは患者さんの80%の人が発症していますが、成人になってからも突然発症してしまう場合もあります。

更新履歴

取得中です。