※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社会メモ


社会のメモです。あまり見ないでください。

廃藩置県

廃藩置県の主目的は年貢を新政府にて取り総める、
即ち中央集権を確立して国家財政の安定を目的としたもの
であるが、これには欧米列強による植民地化を免れるという
大前提があったという背景のもとに明治政府が
明治維新期の1871年8月29日(明治4年旧暦7月14日)に、
それまでの藩を廃止して、地方統治を中央管下の府と県に
一元化した行政改革である。

五箇条の御誓文

現代語訳
一、広く会議を開いて、全てのことを会議で
  (あるいは公開された論議を経て)決めるべきである。
一、立場が上の者も下の者も心を一つにして、
  秩序維持のために働くべきである。
一、官吏も武士も庶民にいたるまで、それぞれの志を遂げ
  ることができるようにして、やる気を失ってしまうこと
  がないようにしなければならない。
一、今までのしきたりを破り、法(あるいは国際法)に
  基づくべきである。
一、知識を世界に求め、皇国(日本)の基盤を発展
  させるべきである。

五傍の掲示

概要
慶応4年3月15日(1868年4月7日)に立てられた
五つの高札のことである。
また明治政府が出した民衆に対する最初の禁止令
のことでもある。その内容は、
君主や家長に対する忠義の遵守することや、
集団で謀議を計ること、許された宗教以外の禁止など、
江戸幕府の政策を継承する内容となっている。
その一方で、同時に旧幕府時代の高札の廃棄も命じている
というところから、新政府の権威とその支配圏を
象徴するものであった。
  
News Staion

News Hedline
showrss plugin Error: RSSが見つからないか、接続エラーです。


RSS by asahi.com