|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

前イメンマハ領主

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リアンの前にイメンマハ領主だった人物。
ルエリとリアンの父親でもある。

領主の地位とクロウクルアフの契約

ルエリの父がイメンマハ領主になったのは第二次モイトゥラ戦争の功績によるものである。どのような功績なのかは明かにされていない。だがそれは、平民の出でありながら彼をも越える功績を残したマウラスの存在を消しさった結果であった。さらにクロウクルアフとの契約によって多大な権力を得た。だが、彼は自身の息子を生け贄に捧げなければいけないことを知らなかったのである

ルエリとリアン

クロウクルアフとの契約により、ルエリが生け贄になることを知った彼は苦しんでいた。そのため、ルエリに対して他人行儀な態度を取ることしかできなかった。ルエリを領主にすることはイメンマハの将来を考えて、できることではなかったのである。そのために気が進まないながらもリアンを次期領主とすることにしている。

自身の最後

ルエリがイメンマハを出てしばらく経った後、ルエリの父の健康状態が急激に悪化する。それは、領主である自分に使えていたエスラスが毒を盛っていたためである。そして、イメンマハの惨劇直前に彼は死亡する。その後決められていた通りにリアンが領主となり、幼すぎるリアンの代わりにエスラスが領主代行となっている。
サイト内検索

TOP






■更新履歴
取得中です。