|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ヌアザ

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モイトゥラ戦争当時のエイルリフ王国、国王。
本名は『ダザナ・ヌアザ』最初の戦争では戦いの途中に瀕死の怪我を負い、地下要塞ラフに逃げ込んでいる。その後虐政を敷いたブレスに一時期に王の位を追われ大臣となったが、第一次モイトゥラ戦争時にポウォールが戦いを仕掛けてきたことから、次も必ずポウォールが攻めてくると確信して、エイルリフの兵士たちの増強に勤めた。それらの姿勢は人々に批判されたが、第二次モイトゥラ戦争によって彼が正しかったことを証明される。その後、復権して再び国王となるが、戦時中に死亡。その後のエリンの再興はルーが国王となり引き継いでいる
サイト内検索

TOP






■更新履歴
取得中です。