|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

キホール

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔族側に味方しているの神。
とても狡猾で人間が住むエリンを破壊しようとしている。

キホールという存在

キホールと言う名前が歴史に現れるのははモイトゥラ戦争からである。第一次モイトゥラ戦争で猛威をふるったバロルに代わり、キホールは魔族を統率して人間たちを滅ぼそうとしていた。クロウクルアフを召喚してタラを破壊した記録が残っている。その後は何らかの方法で倒されたと思われたが、それをあざ笑うかのように生き残っていた。

G1

封印されていたモリアンの代わりに自らモリアンの姿に成りすまし、人間の愚かさを見せてマウラスグラスギブネンを復活させる。また、それを見てしまった三人をを殺害してしまう。そこで不信感を抱いたマウラスがグラスギブネンを不完全な状態で復活させたが、真の目的がグラスギブネンが倒れることにより発生する膨大なエルグの流失によるティルナノイとエリンをつなぐ穴を作ることであった。
サイト内検索

TOP






■更新履歴
取得中です。