※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちょっと具体化してきたので下の表も具体化しとくよ。
妄想も入るかもだが、その辺は訂正指摘文句罵倒よろ。

本編の内容を(自分の妄想を含めて)大まかに書くと


①人間がアランカの封印した魔王を復活させる
魔王を復活させる人間は皇国or共和国の人間で後のラスボス?

②時は経ち17年後、主人公が村を出てハンターを志すところまで
復活した魔王は主人公と千鶴に憑依。ただし序盤では誰に憑依したのか分からない。
ここでの登場キャラは主人公と千鶴。
ハンターを志す経緯は未定

③主人公はいろいろ経てハンター協会に加入
千鶴も加入。
モーゼスに会うイベントがある。きっと。
アーシアも既にハンターやってるのでここで会うイベントがあるかも。
最初の仕事はマテリクス関連、イベントを経てあゆむが仲間に。
次の仕事くらいでマミィを仲間にする。

(序盤終了)

④魔王の憑依体を探せ
魔王が何者かに憑依しているという情報が明かされる。
ハンター一同は魔王が憑依した存在を探しつつ仕事をすることに。
この時点では誰に憑依したのか分からない。
仕事を通じてアーシア加入はこの頃。

⑤魔王の憑依体判明
なんらかのイベントにて、モーゼスは魔王が主人公に憑依していることを知る。
だが、主人公たちにも協会側にも事実を伝えることが出来ずに(むしろ意図的に伝えない)で魔王の憑依体をかばって(?)殉職。レイオン加入。
(これは一応プレイヤーに魔王の憑依体が誰なのかを示すイベント)

⑥何らかのイベントが起きる。魔の力の継承者が判明。
妄想中

⑦いろいろある。なんかもういろいろ。
ノストラ加入かな。
他。

(中盤終了)

⑧ななななんと、魔王の継承者はもう1人いた
ありがちだー
魔王の魂なるものだけを取り出す術を探す
んで、2人はパーティから離脱して別シナリオとして展開?

⑨魔王撃退
皆さんの妄想のままに。
ここでどんでんがえし欲しい

⑩魔王を復活させた犯人である人間(ラスボス)を追い詰め倒す
ここで予想外のイベントが欲しい。(どんでんがえしでなくていい)


※超大まかだからいくらでも変更可能だけど。大体こんな流れがいいかと思う。

by.dolion

敵が負の存在だっていうことが分かるのは、最後のほうするのが良いかと。

戦ってきたものが人間達の怨霊みたいなものだってことで、小ドンデンが狙えるかも知れない。

by梅村



  • 主人公は魔王になる少年?少女の方向




魔王継承の子は男の子でいいんじゃないかな。いっそのこと主人公にしてもいいかもね。

魔王のほうにかかれている話をふまえたうえでそこから

以下物語に含んでみたいと考えてること 
 以前までは劇中にでてくる 「人間」種族には 通常「魔物」とよばれるものの姿が見えなかった。 *魔物というよりは幽霊、妖怪といった表現のほうがしっくりくるかも。 魔物から人間に一方通行に干渉することはできた。文明の発達により一般人にも魔物がみえるようにするためのアイテムが発明される(発明した人をぜひ劇中にだしたい) 宝石みたいなかんじだとわかりやすいかな。魔物と対峙することの多いハンターなどはみなそれをみにつけている。つけることで魔物に狙われやすくなるため一般人は通常つけていない。

ムックならわかるとおもうが、おれが考えてる魔物は姿形はちがうが、ゼノサーガでいうグノーシスのような存在ね。人間とは世界に存在する法則が違うということ。

以下個人的キャラクター・アイテム案(個人的といいながら死ぬほど重要ポストだけど)

ここでいう魔の力継承の一族の存在の法則は人間と同じ。一般人とちがうのは魔力探知をするための第7感覚が発達していること、そして戦闘能力に長けているということ。魔王になると存在法則が魔物と同一のものになるため、第7感覚の発達していないものには認知できなくなる。
劇中での魔王継承者の姿が一般人に認知できるのは、一族でない感覚をもちあわせていなかった「人間」に憑依したことによる まさに突然変異のため。

●魔物視覚可能のアイテム
シドによって 古来の魔物の一部(肉片)を研究した結果生み出された 一般の人にも魔物を感知(魔力感知)できるようにするための第七感覚を装備中にかぎり増幅させるアイテム。

○シド ♂(よくある名前(狩)劇中に入る前の歴史上のキャラ)
代々伝わる魔王の力継承儀式によって魔王になった人物(何代目かはしらん)
魔王の力をもっていたが、人間の女に恋をしてしまう。自らの姿をその女性にみせるため、人間に魔物の住む領域を知覚させるための研究をする。
そのことが魔力継承一族に知られ殺されてしまうが、死の間際にその道具がじつは完成していて、のちの世でみつかるという悲劇的なお話。この「人間に恋をした魔王」話は後の世(劇中)でも有名な、いわゆるこの世界での民話だか昔話だかとなっている。 村人Dとかに話せる程度でいい。


○魔王の力継承者 ♂
魔王の力を持ったものは アクセサリーをそうびしなくとも魔物が見える。
劇中では子供 というかちずるとおない年 17を予定。

○ちずる ♀
幼い頃 不慮の事故で左手をなくす。ハンターである父は、自分の後をついでほしいという願いをこめて、幼いちずるの左手(義手)に 魔物がみえるようになる道具を埋め込み、ちずるを親友のハンターにあずける。

とりはずし可能な装飾品ではなく、わざわざ左手にアクセをうめこんだのは、父親はちずるが魔王の力を継承していることをしっていたから。魔物を根絶やしにするためにハンターをしていたのに、自分の娘にそれがうつってしまったことを知ってしまった父の悲劇を書いてみたいのお。わが子を殺すことのできない父は、魔王の力をもっても、それの力をほぼ0に抑えることのできるアイテムを魔物視覚化のアイテムとともに左手にうめこむことで、時間をかけて世の誰にも知られない形で魔王の力を途絶えさせる選択しをえらび 死んでいく(殺されてもいい)。(魔王の力の継承が一人であったと思い込んだがための悲劇)

 ちずるは物心ついたときから自分には魔物が見えている。育ての親である父親の親友からさまざま事を学び、自分に魔物がみえるのは左手のそれがあるからということも 10歳の頃になっておしえてもらう。以後、立派なハンターになるべく、成長していく。 

☆以後劇中
 序盤:アクセの装備なしに魔物を認知することのできる子供がいるということを知ったちずる。父の仇をとるため諸悪の根源である魔王討伐の思いをつよくしてたが、自分と同い年の、ちかも血の一族でなかいはずの子供にその力がそなわっていたことを知り、討伐の気持ちが揺れ動いてしまう。

 中盤から終盤の間:魔王の召喚した魔物との交戦中 ふたたび左手が切り落とされるちずる。うめこまれた魔の力を制御するアイテムと魔物可視化のアクセが体から切り離される。にもかかわらず魔物の姿がみえつづけ、いままでにない感覚におそわれる。実は自分にも魔の力が継承されていたことにここできづく。「私はあの子とおなじ・・」
 物語は急展開を向かえる。 そしてラストへ

by 妄想王もろこし  



コメントだと長くて書ききれないのでこっちにレス。

「主人公が魔王」は私的に良くないかな。魔王と戦闘する場合、主人公がパーティから抜けると戦略的に初心者には辛そう。救済措置を取れば別だけど。あと、主人公=魔王の場合は、主人公が抜けてる間ヒロイン的な存在がプレイヤーとして別視点でストーリーが見られるのも面白いかもね。

うわ、「主人公=魔王批判」しようとしたら支持しちまった。


実際魔王になるのは、主人公と近しい存在が妥当かな。最初から誰が魔王か分かってるとつまらないので、予想しにくいあたりを選びたい。最初に「魔王の継承者」と言われていた人とは別の奴を本物の魔王とした方が、魔王の正体がバレずに済むかな。

んで、あくまでもラスボスは魔王じゃない。最終的に憑依された人間が魔王の意思に打ち勝つなり、再封印するなりして、魔王の復活を図った人間(魔術士?)の方をラスボスとして持って行きたい。

by.dolion


設定改変追加案
  • 「人間」種族には 通常「魔物」とよばれるものの姿が見えなかったとあるが。その中でも、第七感の発達していた(魔力が高いとすると自然か?人々極一握りいて戦っていたという故事がある。
主人公=魔王後継者の特性もその古代の人に似たものであるのではないか?とかいうミスリードいかが?
人類劣勢燃える!!by 夢狗

↑魔法案に具体化

設定改変追加案2
  • もろこし殿の原案を受けて、魔族を知覚するためには、物語中の世界では道具を必要とする。
  • ならば主人公たちが戦いに参加するに当たり、戦う理由と密接に関わる道具(形見、受け継いだ武器?)などを登場させてはどうか。
  • 魔族の出現を探知して、主人公たちのアイテムが輝きだすシーンを妄想する俺ガイル by梅村

設定改変追加案3
  • 魔王の存在をアランカが封印したおかげで、モンスターたちは沈静化し、世界は平和になるはずだった。ところが、魔王は封印されることで継承が行われないと自覚した瞬間、世界に魔王は種を残した。

それが負の存在。

存在している次元が違うために、生きている物からの干渉を一切受けない。

魔王健在の頃、操られていたモンスターは魔王の力により不可視になっていたため、一般の民衆からは現在の敵である負の存在と同一視されている。
多くのモンスターは、バラバラにされた魔王の部位の影響も受けず、平和に暮らしている。

負の存在が敵でグノーシス的存在ってのは決まりっぽいので、魔物の生態に追記します。by梅村



コメント欄↓

  • 劣勢燃えるに賛同ノ -- 梅村 (2005-12-13 19:11:41)
  • 魔王が主人公かその味方だったら魔王であることを知ったときに葛藤する様子が描ける。そういうのもいいかも。 -- ほーろ (2005-12-15 23:13:50)
名前:
コメント: