※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地方


漢字名可能、その代わり設定もらしくすること

●地方の名前

●どんな人(または敵)が住んでいるか
●規模はどれくらいか
●どんな曰くがあるか
●どんな土地か。

↑テンプレ


紫煙の森
by梅村

  • エルダラの丘(仮) 【良くある聖地もの?ベタベタ】

●どんな人(または敵)が住んでいるか
敵として、幽霊系。大木が生み出した虚像の劣化体

人らしい感情は残しているものの、支離滅裂な発言しかしない虚像の住人

●規模はどれくらいか
そこまで広くないが、そこまで狭くない…そんな感じ、異空間とか

●どんな曰くがあるか
英雄アランカが巡業の末にたどり着いたとされる、伝説の地。アラカーナ教の宗教絵画には、丘に立つ勇者アランカを題材としたものが数多く見受けられる。

アーシアの部族の古い伝承に登場するという、血の契約を護る部族の聖地。
正確な場所は不明だが、負の勢力が支配する地域に存在していると考えられている。
伝承では、創世記から存在する樹齢数万年を超える巨大な大木と、その周囲には赤い実を宿した木々が群生する、美しい場所であるとされている。
(エデンの園?)

その土地には強固な結界が張り巡らされており、負の存在の影響を受けた魔人ですら、近づくのは容易ではない。

●どんな土地か。
※聖剣?そんなものが封印されててもおかしくないような場所。

すべてをやり直すことができる。死んだ者に会うことができる、と伝承にはあるが、実際は大木に語りかけた対象が逢いたいと望む存在を大木が認識し、刻まれた世界の記憶(ホスト)からそれに近いものを呼び出してシュミレートしているにすぎない。
語りかけた対象の記憶や願望によって、現れる像が変化してしまうために、どんなに正確に呼び出す対象を意識したとしても、それは結局のところ、良く似た虚像でしかない。 虚像は大木の力によって、その丘でのみ実体となって存在する。
虚像はその地を離れることはできず、想われる(意識される)ことがなくなる、観測者がいなくなるとそのほとんどが自然に消滅するが、稀に不完全な形で残滓として残ってしまうことも。


●物語にどのように関わってくるか

この場所にたどり着いた者は、この地に留まり偽りの想い人とままごとのような人生をやり直すか、この地を去り現実を受け入れ、痛みに晒されるかの選択を迫られるという。

→この場所を見つけることが、ノストラが旅をする目的とか妄想(汗

by梅村

コメント欄↓

名前:
コメント: