※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


マグロ【まぐろ】

板前専用の小道具で、グル生偉人以上で獲得可能。上位にカジキマグロもある。
装備すると両手で抱きかかえて登場することになるが、そのあまりの活きの良さから非常にウケが良く、人気の高い小道具となっている。
ちなみに優勝したときもまだ動いているが、明らかに活きが落ちている。
マグロにしては軽々と持ち上がりすぎとか、どうやってマグロを生け捕りにしたのか突っ込まないのが江戸っ子といえる。

負け上り【まけのぼり】

アンサータワーにおいて、敗北してもタワーに上階に上る仕様のこと。
  • 1~20Fでは勝敗関係なしに上階に上ることができる。21~60Fではローリスクを選択すれば、敗北しても上階に上ることができる。ただし、チェックポイントマッチで勝利しないと上の階に登ることが出来ないフロアも存在する。

マジシャン【まじしゃん】

エンターテイメントをイメージした男女共通のコスチューム。AnAn2より追加。
ちなみに小道具のカードの裏面のデザインは、AnAn.NETに加入する必要があるものの、変更可能である。(他にもこのようなアイテムは存在する)

マチルダ【まちるだ】

実戦には登場しないアンサー協会員。アンサー協会員のページ参照。
Twitterでアンサー協会公認アカウントでつぶやきを担当している。

マテウス【まてうす】

異常に強く、空気を読まずにプレイヤーをボコボコに叩きのめすアンサー協会員を指す隠語。語源はQMAシリーズのCPU。

マナー講座【まなーこうざ】


マニアックス【まにあっくす】


魔法少女【まほうしょうじょ】

漫画・アニメ・ゲームをイメージした女アバター用コスチューム。
  • マニアックスの記載によれば、女の子アバターではウェイトレスと並んでトップの使用率を誇る。
  • 帽子も、魔法少女以外の服装とコーディネイトされてよく見かける。

マルグレーテ【まるぐれーて】

SSリーグに黒服のメンバーとして降臨なされるツインテのアンサー協会員。
その高貴な人っぽい名前と、AnAn1の時に非常に強いという噂が立ち神格化されたため、アンサー協会員の中で人気が高い。
2009年2月よりSSリーグが開放され、再臨を果たした。その後SSSリーグが解放されたため、上位クラスではなかなかお目にかかれなくなった。

○優マーク【まるゆうまーく】

両者の成績などが出ているマッチング画面において、優れている (勝率が高い、誤答率が低いなど) 成績の側についている、丸の中に優の字のマーク。
決勝戦進出率同様、プレーヤーの通常プレー時間帯によって大きく異なるため、深く気にする必要はない。

回しプレイ【まわしぷれい】

AnAnのサテを仲間内で占領し、交代しながらいつまでも遊んでいる事。一応は同じ人物がプレイし続ける「連コ」ではないが、他の人を締め出す行為でありマナー違反とされ、禁止の表示がされているゲーセンも多い。AnAnに限らずアーケードゲーム全般の用語。

漫アゲ【まんあげ】

漫画・アニメ・ゲームジャンルのこと。もちろんセガ関係の問題も多く出る。
アバターのコスチュームは狙っていると思えるものが揃っている。
その言葉には何となくイヤラシイ語感が漂う。決して3文字に省略しようとしてはいけない。順番を変えて読むのもいただけない。

見栄押し【みえおし】

他のプレイヤーが押したことに反応し、答えもわかっていないしもはや解答権が得られないことを承知の上で、「答えはわかっているが押し負けただけだ」と言いたいがために押すこと。
意図的に押す点で、つられ押しとは異なる。

見送り【みおくり】

「お見送り」とも。予選で3位・4位になってしまった側が、1位・2位のプレイヤーをプレーオフへと見送る意味で、「お見送りになってしまった」「予選で○○さんをお見送りした」などの用例で使う。
元ネタは往年のクイズ番組、「クイズ100人に聞きました」のトラベルチャンスと思われる。

道連れ【みちづれ】

4人対戦の早押し系及び奪取クイズにおいて、相手のつられ押しなどを誘うためにあえて早めに押すこと。誰かを道連れにしようとする側は押した時点でわかっている場合が(単なるダイブと比べれば)多い。
道連れが戦術として使われることは稀ではあるが、ダイブした相手につられ押しをして間違えることを「○○(CN)に道連れにされる」ということがある。

緑【みどり】

主に深夜番組など、エンタメのマニアックな問題やネタのこと。由来はQMAシリーズのジャンルカラーより。

ミドルランカー【みどるらんかー】

ランカーではないものの、ランカーに次ぐ実力と安定力を持ち合わせたプレイヤーのこと。「準ランカー」とも。
また、各種イベント(イベント大会、チャレンジイベント)ランキングでセンモニに晒されたことのある人のことを指す場合もある。

ミルククラウン【みるくくらうん】

吉本興業所属の、ボケ担当のジェントルとツッコミ担当の竹内健人からなるお笑いコンビ。AnAnの各種イベントに登場しており、2009年末から、年またぎ刺客イベントの刺客役を担当。

ムームー【むーむー】

2009年8月15日~8月23日開催の「2009年夏休み大会」で成績上位5000人の女の子アバタープレーヤーが入手できたコスチューム。色は赤がベース。

虫食い【むしくい】

虫食いクイズのこと。テクニカルの8枚パネルクイズの変形といえばわかりやすい。
AnAn2では店内対戦とイベント大会で登場し、全国対戦では登場しない。
プレーヤー自らがパネルをめくることになるため、早押しのセンスよりもクイズ文法の理解とその読みのセンスが問われる。
何も開けていないけど答がわかってしまうものもあれば、文末の「?」以外全部隠れていてどうしようもないものも存在。

無双【むそう】

他者を圧倒して勝ちまくること。または速答で1位をとり続けること。
由来は「真・三國無双」シリーズか。

無反応【むはんのう】

画面を指で押しても反応しなくなること。唾や飲み物などの水分が画面に付着するとよく起きる。
心配なときは波紋で確認しよう。また乾いたティッシュなどでこまめに拭くのも有効である。

ムンク【むんく】

予選や逆転ラウンドで、点数や★が少ない状態 (他3人の平均点より20点か★2以上低い状態) となって頭をかかえている女性アバターのアクションのひとつ。
耳をふさぐような、ムンクの「叫び」に似たポーズをとる。表情は似ていない。

メイ【めい】

実戦には登場しないアンサー協会員。
アンサー協会員のページ参照。

メイクミラクル【めいくみらくる】

通算逆転優勝数が300勝であるプレーヤーに与えられる。
失敗すると予選落ちの危険があるため、完全優勝よりも難しいと思われる。

名人【めいじん】

ジャンル・形式タイトルのうち、3番目に手に入る。カラーは赤。
  • ここまで来ると、なんとなく取得することが難しいほどのGP(1試合平均30以上)が必要となる。
  • ジャンル別タイトルでは、名人まで来ると大方のAnAn2追加衣装専用アイテムが得られるため、努力する価値はある。
  • 専用アクションがあるものもあり、該当するアイテムは以下の通り。
      • 漫画・アニメ・ゲーム名人: 宝箱
      • グルメ・生活名人: 包丁
      • 自然科学名人: カルテ

名数問題【めいすうもんだい】

早押し・テクニカルにおいて、「~~といえば、○○、××と何?」といった、答えの候補が複数個あってそのうちのひとつを答える形式の問題。
もともと確率1/2~1/4程度で正解できる問題である上にタイプ文字候補から最初の文字を限定できてしまうこともあるため、あえて早めにボタンを押す戦略もある。
なお、名数問題でもパラレル問題が存在する(「~~といえば○○と××ですが…」という形で聞いてくる場合もある)ので、特に早押しの場合は要注意。

名誉会員【めいよかいいん】

店内対戦モードでCOMエージェントをすべて撃破すると入手できる壁紙。エージェントは合計19人いるため、獲得するのは結構大変。
店内対戦モードでは賞金・クイズ力が増加しないうえに、形式によってはエージェントが異常に強いため、特定形式が苦手な人はそこで立ち往生することもあって、高段位プレーヤーでももっていない人が少なくない。

メタリックプロ/メタルプロ【めたりっくぷろ/めたるぷろ】

ブロンズプロ・シルバープロ・ゴールドプロの総称を、QMAの「金属賢者」になぞらえてこう呼ぶ。「金属プロ」とも。

鍍金【めっき】

実力や知識量が階級やタイトルに伴っていないことを自虐的、あるいは謙遜して言う言葉。
元々はQMAで金属賢者のプレイヤーが「鍍金賢者」と呼んだのが始まり。
AnAn2でも「鍍金プロ」「鍍金超人」などと使われる。
場合によっては侮辱ともとられかねないので、他人に対しては使わないほうがよい。

メドレー【めどれー】

漢字メドレークイズのこと。
どこらへんがメドレーなのかよくわからないが、そういうことらしい。

メリークリスマス【めりーくりすます】

2009年12月10日~12日に開催された刺客イベント「あわてんぼうのサンタクロース刺客を倒せ!!」で、刺客に勝利すると得られた特別タイトル。

萌え問【もえもん】

萎え問とは逆に、自分の知識の重箱の隅をついてくる「これは俺が答える!」と言ってしまうような問題。
萌え問に当たってハイテンションになってしまい、分岐に引っかかったりタイポしたり、積み重ねではバーストしたりしないように注意。

燃え尽き症候群【もえつきしょうこうぐん】

世間的にはここでいわれているような意味だが、AnAnにおいては「予選の逆転ラウンドで大接戦となって気力を使い果たしてしまい、決勝に進出したものの力を出せない状態になってしまったこと」あるいは「廃プレイをしたため、しばらくプレイする気を失ってしまった状態のこと」をいう。

モーニングコーヒー【もーにんぐこーひー】

2009年10月17日~25日に行われた「モーニング大会」において、アンサータワー60階を突破したプレイヤーが獲得できた小道具アイテム。
クローズアップ画面においては、ちゃんとと湯気もたっているのがわかる。

桃太郎【ももたろう】

語学・文学をイメージした男アバター用コスチューム。AnAn2より追加。
別に岡山のプレイヤー限定であったりはしない。
超人で取得可能のアイテムを装備したときのアクションシーンは一見の価値がある。