※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#define系マクロ

置換マクロ? 目的
ATS_BEACON_N 0 なんもなし(S,A点以外)
ATS_BEACON_A 1 A点
ATS_BEACON_S 2 S点,ここまでのはm_sectionType にも
ATS_BEACON_DENPA 3 出発停止電波
ATS_BEACON_STOPSPEED 5 誤通過防止-速度設定
ATS_BEACON_STOPREAL 6 誤通過防止-開放
信号関係
ATS_SIGNAL_N 0 信号-停止現示
ATS_SIGNAL_R 20 信号-5灯停止の手前のS・入換
ATS_SIGNAL_YY 30 信号-警戒現示
ATS_SIGNAL_Y 50 信号-注意現示
ATS_SIGNAL_YG 70 信号-減速現示
ATS_SIGNAL_G 110 信号-進行現示
このあたりは、適当に上げてやるのもいいかもしれませんね。

mackoy様のコードに見られる変数

int g_emgBrake;
非常ノッチ
int g_svcBrake;
常用最大ノッチ
int g_brakeNotch;
ブレーキノッチ
int g_powerNotch;
力行ノッチ
int g_reverser;
レバーサ
bool g_pilotlamp;
パイロットランプ
int g_time;
現在時刻
float g_speed;
速度計の速度[km/h]
int g_deltaT;
フレーム時間[ms/frame]

付け足した変数

int g_sig = 0;
信号の現示(R:0,YY:1,Y:2,YG:3,G:4)
int g_sig_n = 0;
次の信号の~(R:0,YY:1,Y:2,YG:3,G:4)
int m_sectionType = 2;
閉塞状況(ほか:0,A:1,S:2)
int m_sigType = 0;
信号灯数(2y,2g,3,4y,4g,5)
int m_sigSpd;
信号による照査速度
int m_stpSpd;
誤通過防止照査速度
int m_atsSpd;
最終的な照査速度
int m_stpflag;
誤通過防止の状態値(0:NoCount,1:Count中,3:Count待ち,4:扉待ち)
int m_stoptime;
誤通過防止の開放までの時間
int m_atsNormal = 0;
ATS表示(信号) - 0,20,・・・f
int m_atsStop = 5;
ATS表示(誤通過防止) - 0,20,・・・f
int m_atsFinal = 0;
ATS表示(総合) - 0,20,・・・f
int t_sigSpd = 0;
CheckSignal()のreturn用の変数
bool m_atsDenpa;
Nと表示するか否か
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|