※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

G1実験

デジタル信号処理

課題4.1

全部聞いた。ギターはかなり空気感レベルの差でしかないが、ムビラは結構違う。ノコギリというか、高周波が多い気がする。音声は結構聞こえてしまうけどそれなりに音質が違う。少なくとも何を言ってるかは分かるけど、サンプリング周波数を取った方が誰が喋っているかがわかりやすい。 とはいえ、ギターもよく聞くと高い弦の強さは全然違うかな。LPWの分はちゃんと音が悪くなっている。

課題4.2

擬似8kHz標本化(駄目ダウンサンプリング)の場合は下の通り。

ギター
最初は分かりにくいけど、中程の高音が割れまくり。
ムビラ
こもってるけど、そもそも割れたような音だけに…まあお手玉ぶつけたみたいな音になってしまっている。
声の最初と最後に息継ぎみたいな妙な音が出ている。

それぞれの音源で、高音が強い部分において破綻が生じている気がする。 後不適切なアップサンプリングで取れたデータが駄目な理由は0を挿入することでかなりの高周波成分が含まれているから?

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|