※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
どうも、風邪でダウン中のnobuです。

さて、今日は始めてのギターについてお話しようと思います。
今でこそ、ギターの良し悪しがわかるようになりましたが、初めてギターを買おうとなるとなかなか選ぶのが難しい。初心者だから安い物でいい、後々を考えると高いギターがいい、やっぱり好きなアーティストモデルかな?などいろいろ迷うわけです。
とりあえず、現物を見ないと仕方ないので、楽器店めぐりをすることにしました。当時、ビジュアル系好きだったので【Fender】や【Gibson】等、スタンダードなギターには目もくれず、見ていたのは変形ギターばかり。(この時点でアーティストモデル購入の可能性は濃厚)
色々楽器店を歩き回って結局最後にたどり着いたのは御茶ノ水の【シモクラセカンドハンズ】(当時は靖国通りの神保町駅の近くにあった)でした。そこの楽器店は中古専門に取り扱っているお店なので価格的には魅力がありました。ただし難点として、中古は選択肢が非常に狭くなるということ。欲しい物があるとは限りません。
まあ、見るだけ見ようと思い、お店に入ってみると以外によさげなギターがあるではありませんか。その中でも目を引いたのは、当時憧れていた【SUGIZO】モデル(プリンスが使ってたタイプ)の廉価版でした。しかも¥48000と、価格もお手ごろだったので即購入。
そんなわけで、ギターを始めることになったのですが、複数の弦を同時に鳴らすなんて難しい!と、しばらくはギターでベースのフレーズを練習するなどして、しばらくの間は【SUGIZO】モデルを持った【J】状態でした。
それにしても今考えると、あのギターは凄かった(笑)。
弦のテンションゆるゆるで、スムーズにアーミングできない【Floyd Rose】、付属のストラップは最短でも膝のあたりにボディーがくるぐらい長い。まあ、実用性など全く考えませんでしたね。「持ってるだけで幸せ~」って感じでコレクター感覚でした。

そんなわけでギターを始めることになったわけです(なんちゃってだけど…)。


カテゴリ: [guitar] - &trackback- 2006年02月07日 05:54:00

#blognavi
  
添付ファイル