仮面ライダー電王まとめ @Wiki

死郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 さらば仮面ライダー電王 登場人物・出演俳優 (登場人物)
敵の親玉
【名前】 死郎
【よみがな】 しろう
【キャスト】 松村雄基
【登場】 劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

幽霊列車に乗り込み、生と死の時間をひっくり返し死者の復活を謀ろうとする謎の男。
その正体は400年前のとある侍の怨霊である。
目的のために良太郎を拉致してゴーストイマジンを憑依させ、恐ろしい企みを実行しようとした。
その死郎の行動には、詳しい事は不明だが400年前のある悲劇が起因しているらしい。元々は下級武士の出だが剣の腕は一流。コマ回しを得意とする。

【特徴】

かつて独楽(コマ)を使った遊びを得意としていたせいなのか、爆裂する独楽を武器とし、それを放つ為に使う鞭状の道具も武器として使う。死んだ人間や死んだイマジンを思いのまま呼び出し、操る事が可能。操られた人間やイマジンには赤い札が張り付く。
400年間、目的の為に孤独に修羅場を潜り抜けてきたせいか、生身でも圧倒的な力を見せ、NEW電王ストライクフォームをも容易く倒した。
愛するソラ以外の存在に対しては、人間、イマジン問わず冷酷に接し、反抗的な口をきいたものには独楽と鞭による制裁を加える。ソラの悲しい顔には敏感で、同時に狂気の顔も見せる。
ゴーストイマジンが落としたライダーパスを使って仮面ライダー幽汽ハイジャックフォームに変身する。
卓越した剣技でライナーフォームソードフォームを圧倒した。

何処でどのようにして幽霊列車を手に入れたのかは不明。


【関連するページ】