仮面ライダー電王まとめ @Wiki

第6話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「詐欺師の品格」

前回 今回 次回
第5話「僕に釣られてみる?」 第6話→ 第7話「ジェラシー・ボンバー」

【スタッフ】

【脚本】 小林靖子
【監督】 坂本太郎
【アクション監督】 宮崎剛
【放映日】 2007/03/04
【収録DVD】 仮面ライダー電王 DVD VOL.2

【あらすじ】

良太郎の体を巡って対立するモモタロスウラタロス
デンライナーも壊さんばかりの格闘も、ハナの一喝でなんとか治まるものの2人の仲は険悪のままだ。
一方、大輝の前に現れたクラストイマジン大輝のチームメイトを次々と襲い始める。
病院に運ばれてくるチームメイトたちを目の当たりにした大輝は恐怖におののくが、
クラストイマジンを追うハナに問い詰められても何も知らないと言い張って…。

用語



施設・場所



野上愛理のメニュー】



契約内容】



時間移動】

  • クラストイマジンとの契約完了、2006年10月15日へ飛ぶ。


【必殺技】



ギガンデス

  • ロッドフォームにクラストイマジンは倒されたが、イメージが暴走をはじめギガンデスハデスへと変貌する。


時の列車

  • デンライナー
    • ゴウカ
    • イスルギ→ギガンデスハデスと対決、ゴウカと連結しバトルモードに変形する。モモタロスとは違い、ジリジリといたぶり、徐々追い詰めレーザーで首を攻撃し撃退した。



【登場人物・ゲスト出演者】

【登場ライダー 第6話】
仮面ライダー電王 ソードフォーム、モモタロスが憑依した良太郎が変身する電王) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
【登場イマジン 第6話】
クラストイマジン  斉藤大輝が思い描く『サルカニ合戦』からカニをイメージしてこの世に現出したイマジン) 津久井教生(声)
押川善文(スーツアクター)
第5話、第6話
【レギュラー 第6話】
役名 役者 登場話
野上良太郎  仮面ライダー電王この物語の主人公、特異点) 佐藤健 第1話
M良太郎 モモタロスが憑依した良太郎) 佐藤健(演)
関俊彦(声)
第1話
U良太郎 ウラタロスが憑依した良太郎) 佐藤健(演)
遊佐浩二(声)
第5話
ハナ  (デンライナー乗員) 白鳥百合子 第1話
ナオミ  (デンライナー客室乗務員) 秋山莉奈 第1話
モモタロス (良太郎に憑依したイマジン) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
ウラタロス 遊佐浩二(声)
大岩永徳(スーツアクター)
第5話
野上愛理  (良太郎の姉) 松本若菜 第1話
尾崎正義  (カストリ雑誌の編集長、ミルク・ディッパーの常連) 永田彬 第1話
三浦イッセー  (自称スーパーカウンセラー、ミルク・ディッパーの常連) 上野亮 第1話
オーナー (デンライナーのオーナー) 石丸謙二郎 第1話
【ゲスト出演者 第6話】
斉藤大輝 クラストイマジンと契約するサッカー少年) 小越勇輝 第5話、第6話
大輝の母親 辻しのぶ
ユウスケ 佐藤勇輝
アツシ 康汰
ミノル 渡辺悠
タツヤ 福島一樹
監督 (大輝が所属するサッカークラブの監督) 真矢野靖人
看護士c 佐々木維子 第6話


【時間の流れ】


食堂車でケンカをするモモタロスとウラタロス
怒ると怖い(?)ハナがグーパンチでケンカをとめる
    ↓
契約を遂行するクラストイマジン、大輝のサッカー仲間の子を襲う
    ↓
ハナが良太郎に憑依した理由をウラタロスに問うが
良太郎が特異点としっていて憑依した事を聞かされ驚く
    ↓
良太郎がハナに特異点の事について訊ねるが、先延ばしになる
    ↓
大輝はサッカー仲間が襲われていると母に言われビビってしまう。
    ↓
ウラタロスが時間の中で何年も独りだった事を涙を流しながら喋る
単純なモモタロスはその話に涙する。
良太郎はそんなウラタロスと外へ出る
    ↓
前に助けた少年を訪ねてきたハナが同じ病室にいた話大輝の話を聞いてしまう
詳しく聞こうと大輝に問いただす。だがハナの勢いにまたビビってしまう
    ↓
落ち込む大輝、ハナに本当の事が話せない
    ↓
外に出たウラタロス、良太郎の体を使いナンパしまくる
良太郎の姉がみたいとミルクディパーへ
美しいと絶賛する。
    ↓
良太郎も合流しハナの経緯を教えてもらう
誰が契約者なのか分からないと、そこにウラタロスが
ウソをついてハナを口説こうとする。
    ↓
ハナはウラタロスのミエミエのに怒る
    ↓
そのやり取りを聞いていた大輝、卑怯という言葉が
胸に刺さり本当は自分が契約してしまった事を話す
    ↓
怪物の怖さとハナの勢いが怖く本当の事がいえなかったと告白
襲われていないメンバーの所は案内する。
    ↓
クラストイマジンが襲っている現場に駆けつけるが
契約完了してしまう→大輝の過去2006年10月15日へ飛ぶ
    ↓
良太郎達もデンライナーで追う。
オーナーからウラタロスとパスを共有するのか問われる良太郎
    ↓
ウラタロスののおかげで結果オーライで大輝から契約の事が聞けたのだが
他のメンバーはその行動に納得がいかなかった。
しかしウラタロスがみせた涙になにか裏があると判断した良太郎は彼を信じ受け入れることにする。
    ↓
大輝の過去へ到着 クラストイマジンと戦う
    ↓
またもやあの謎の男が戦いを見ていた
    ↓
クラストイマジン逃走するがデンバードで追いかける
海に飛び込む モモタロスあきらめるが、海に引きずり込まれる
    ↓
モモタロス、カナヅチである事が発覚
    ↓
ウラタロス、自分は泳げるとアピール
自分をかばってくれた恩を返すためなのか?まるで浦島太郎?
ベルトの青いボタンを押しモモタロスと交代
    ↓
ソードフォームからロッドフォームにチェンジ
    ↓
クラストイマジン、また海の中へ逃走
    ↓
追うウラタロス、イスルギ登場
    ↓
とんでもない渦があるとをつく
クラストイマジン、まんまとに引っかかり
海から釣り上げられてしまう
    ↓
卑怯だとののしるがよく言われると返すウラタロス
    ↓
ソリッドアタックでトドメをさすが
イメージが暴走しギガンデスハデスになる
    ↓
イスルギで応戦。ギガンデスハデス敗れる   
    ↓
失敗から逃げていた事に反省した大輝は補欠から頑張ることにした。→違う未来に変化
    ↓
モモタロスやハナはウラタロスを許していない
    ↓
ケンカをしようとするがナオミがコーヒーをだして止めに入る
    ↓
イマジンにはナオミの出すまずいコーヒーが美味いらしく
意見が一致 ケンカはひとまず終了







【関連するページ】