仮面ライダー電王まとめ @Wiki

第3話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アウトロー・モモタロー」

前回 今回 次回
第2話「ライド・オン・タイム 」 第3話→ 第4話「鬼は外! 僕はマジ」

【スタッフ】

【脚本】 小林靖子
【監督】 長石多可男
【アクション監督】 宮崎剛
【放映日】 2007/02/11
【DVD】 仮面ライダー電王 DVD VOL.1
【OP曲】 Climax Jump
【ED曲】 Double-Action

【あらすじ】

良太郎…、いや、正確にはモモタロスが憑依した良太郎は悪徳金融業者から金を盗んで逃走する山越という男と知り合う。
ただケンカがしたいため、山越を追ってきた暴力団風の男たちを次々と投げ飛ばすモモタロス良太郎
感激した山越はモモタロス良太郎を「先輩」と呼んで急接近、わけのわからないモモタロス良太郎を大暴れができるから、と盗みの仕事に誘う。
訳のわからないまま警察から追われることになってしまった本物の良太郎ハナデンライナーに助けられる。
そのころ山越の前にイマジンが現れた。
「死ぬほどの金が欲しい」と望みを伝える山越だったが…。

用語



野上愛理のメニュー】



時間



【必殺技】



【登場人物・ゲスト出演者】

【登場ライダー 第3話】
仮面ライダー電王 ソードフォーム、モモタロスが憑依した良太郎が変身する電王) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
【登場イマジン 第3話】
カメレオンイマジン  山越祐が思い描く『カエルの王子』から何故かカメレオンをイメージしてこの世に現出イマジン) 金丸淳一(声)
押川善文(スーツアクター)
第3話、第4話
【レギュラー 第3話】
役名 役者 登場話
野上良太郎 仮面ライダー電王この物語の主人公、特異点) 佐藤健 第1話
M良太郎 モモタロスが憑依した良太郎) 佐藤健(演)
関俊彦(声)
第1話
モモタロス (良太郎に憑依したイマジン) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
ハナ (デンライナー乗員) 白鳥百合子 第1話
ナオミ (デンライナー客室乗務員) 秋山莉奈 第1話
野上愛理 (良太郎の姉) 松本若菜 第1話
尾崎正義  (カストリ雑誌の編集長、ミルク・ディッパーの常連) 永田彬 第1話
三浦イッセー  (自称スーパーカウンセラー、ミルク・ディッパーの常連) 上野亮 第1話
オーナー (デンライナーのオーナー) 石丸謙二郎 第1話
【第3話 ゲスト出演者】
役名 役者 登場話
山越祐 (借金取りに追われている男) 浪岡一喜 第3話、第4話
小川 (借金取りヒゲ男) 外川貴博
大井 (借金取り坊主頭) 阿部亮平
借金取りA 大岩永徳 第3話
借金取りB M良太郎に投げ飛ばされる) 伊藤慎
警官 (M良太郎を追いかける警官) 鹿野良太
乗客・警官(二役) (食堂車でパスを確認し降りた男・M良太郎を追いかける警官) 田村義晃
悲鳴をあげる女 (東栄百貨店 経理担当) 田村直子
【第3話 ゲスト声優】
カメレオンイマジンの声 金丸淳一 第3話、第4話

【時間の流れ】

2007年2月11日、自宅に帰る途中に借金取りに追われる山越(未)とぶつかり気絶する。
その隙をついてモモタロスが憑依してしまう
       ↓
借金取りともめている山越に、暴れたいモモタロスは強引に
首を突っ込む→大暴れ 
       ↓
警官に追われる→逃げる→山越(未)が大物と勘違いする
       ↓
良太郎のバイト代を勝手に使いこんでしまう。
       ↓
警官に見つかるがハナにとがめられ良太郎から離れる
素の良太郎は事態がとんでもない事になっていて気絶しそうになる
       ↓
デンライナーの停車時間になりなんとか逃げる事ができる
       ↓
山越、自宅に戻る→カメレオンイマジンの誘いに契約してしまう→「死ぬほどの金が欲しい」
       ↓
良太郎はオーナーに電王やイマジンの事について質問するが
うやむやな答えではぐらかされる
       ↓
カメレオンイマジン、手段をえらばず強盗をくりかす
       ↓
姉のうどんのきじの湿布で気持ちよく気絶する
その隙をついてモモタロスが憑依してしまう
       ↓
M良太郎、借金取りの強盗の片棒を担ぐが、つけていたハナにまたグーでなぐられる。
       ↓
とにかく暴れたいモモタロスはカメレオンイマジン相手に
電王ソードフォームに変身 戦う
       ↓
強盗に入った山越、あてにしていたM良太郎がいなくて逃げる
       ↓
契約者を探そうとハナに言われるが、用心棒の約束を思い出したM良太郎は山越を探す
       ↓
借金取りに追われている山越を見つけるが
目がさめた素の良太郎におこられてモモタロスは良太郎から離れる
       ↓
運の悪い良太郎、この事態をどうするのか?→第4話

【こぼれ話】

  • 第3話、第4話の撮影はパイロット版の第1話と第2話のオンエアがまだされていない時期の撮影されており、パイロット版と異なる部分がある。ソードフォームに電仮面とオーラプロテクターが装着する順序、M良太郎の声が佐藤健のまま(一般人にはモモタロスの声ではない良太郎の声が聞こえていると解釈すればよい。だがこのパターンは第3話のみ。)などがある。第1話、2話の田崎監督いわく、パイロット版のオンエアを見ず、何も見本が無い所から撮影に入る方が難しいと語っている。


【関連するページ】