仮面ライダー電王まとめ @Wiki

仮面ライダーネガ電王


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 ライダー
【名前】 仮面ライダーネガ電王
【よみがな】 かめんらいだーねがでんおう
【身長】 190センチ
【体重】 95キロ
【パンチ力】 7トン
【キック力】 8トン
【ジャンプ力】 一飛び38m
【走力】 100mを4.8秒
【声】 緑川光
【スーツアクター】 岡元次郎
【登場】 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

トレーニング中に油断していた刑事長オーナー)から奪った予備の電王パスを使ってネガタロスが変身する仮面ライダー。
電王ソードフォームと形状は同じ。ネガフォームにはネガタロスの体の模様と同じくアルファベットの「N」をモチーフにした模様が描かれている。戦闘力や能力はソードフォームより高く、スペック面だけ見るのならガオウライナーフォームすら凌駕する。ネガタロス曰く「強さは別格」。
劇中では電王の基本4フォームを圧倒するほどの戦闘力を見せたが、乱入してきたキバとマシンキバーによる突進に圧倒され、キバとクライマックスフォームのダブルキックの前に敗れ去った(ただし本体であるネガタロスは無事)。
武器はネガデンガッシャー。4つのモードを巧みに使い分けるが、劇中ではソードロッドガンしか見せなかった。
また、必殺技もネガストリームスラッシュネガソリッドアタックネガダイナミックチョップネガワイルドショットの四種類が使用可能らしいが、劇中ではネガワイルドショットのみ使用した。
ちなみに変身時のデンオウベルトの電子音声は良太郎のベルトの音声と比べると、低い声となっており、変身待機時のミュージックホーンは劇中では一瞬しか流れないため定かではないが、ソードフォームのミュージックホーンの音を低くした物だと思われる。
デンオウベルトは良太郎のデンオウベルトと同規格だが、ネガ電王はソードフォームにあたるネガフォームにしか変身しておらず、ロッドフォーム等を模した形態になれるかは不明。

ちなみに、何故かネガタロスよりも体重が15㎏程軽い。


【関連するページ】