仮面ライダー電王まとめ @Wiki

第2話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ライド・オン・タイム 」

前回 今回 次回
第1話「俺、参上!!」 第2話→ 第3話「アウトロー・モモタロー」

【スタッフ】

【脚本】 小林靖子
【監督】 田﨑竜太
【アクション監督】 宮崎剛
【アクション監督代理】 岡元次郎
【放映日】 2007/02/04
【DVD】 仮面ライダー電王 DVD VOL.1
【OP曲】 Climax Jump

【あらすじ】

ハナに導かれるままデンライナーに乗った良太郎
客室乗務員だというナオミコーヒーを勧められ注文するが、そこには赤鬼のような姿のイマジンが。
さっそく良太郎は気を失ってしまう。
意識を取り戻した良太郎は、ハナから赤鬼のようなイマジンが未来から時間を超えて2007年
やってきたこと、イマジンは人間にとりついてその人の過去の時間を手に入れることなど説明を受ける。
そんな説明にも良太郎が四苦八苦しているころ、バットイマジンは新たな活動を開始して…。

用語



野上愛理のメニュー】



契約内容】



時間

  • バットイマジンとの契約完了、2004年12月24日へ飛ぶ。


【必殺技】



ギガンデス

  • ソードモードにバットイマジンは倒されたが、イメージが暴走をはじめギガンデスヘブンへと変貌する。


【登場人物・ゲスト出演者】

【登場ライダー 第2話】
仮面ライダー電王 ソードフォーム、モモタロスが憑依した良太郎が変身する電王) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
【登場イマジン 第2話】
バットイマジン  テツオが思い描く『卑怯なコウモリ』からコウモリをイメージしてこの世に現出したイマジン) 梁田清之(声)
押川善文(スーツアクター)
第1話、第2話
【レギュラー 第2話】
役名 役者 登場話
野上良太郎  仮面ライダー電王この物語の主人公、特異点) 佐藤健 第1話
M良太郎 モモタロスが憑依した良太郎) 佐藤健(演)
関俊彦(声)
第1話
ハナ  (デンライナー乗員) 白鳥百合子 第1話
ナオミ  (デンライナー客室乗務員) 秋山莉奈 第1話
モモタロス(名無し状態) (良太郎に憑依したイマジン) 関俊彦(声)
高岩成二(スーツアクター)
第1話
野上愛理  (良太郎の姉) 松本若菜 第1話
尾崎正義  (カストリ雑誌の編集長、ミルク・ディッパーの常連) 永田彬 第1話
三浦イッセー  (自称スーパーカウンセラー、ミルク・ディッパーの常連) 上野亮 第1話
オーナー (デンライナーのオーナー) 石丸謙二郎 第1話
過去の男 謎の男 第2話
【第2話 ゲスト出演者】
役名 役者 登場話
テツオ (不良グループの一人、バットイマジン契約 落合扶樹 第1話、第2話
カトー (不良グループの一人) 小川祐弥
サトシ (不良グループの一人) 石川遼
マコト (不良グループの一人) 中野雄一
テツオの母 榎本由希 第2話
(子供の母親) 中井理恵
(電王に助けられた子供) 三浦三奈
(尾崎とイチャつく女) 長谷川祥子
大岩永徳
【第1話 ゲスト声優】
バットイマジンの声 梁田清之 第1話、第2話

【時間の流れ】

テツオとの契約完了、バットイマジン2004年12月24日過去へ飛ぶ
           ↓
破壊行為をするが電王が退治する
           ↓
良太郎2004年テツオを母が死ぬ前の病院につれていく
           ↓
母の死をみとれなかったテツオの後悔の念がなくなる
           ↓
2007年テツオに影響を与える。バットイマジンや不良グループとのかかわる可能性が低くなる
           ↓
       違う未来が出来上がる

【関連するページ】